--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

ニルヴァーナ、次の展開?

>超人ロック ニルヴァーナ


超人ロック ニルヴァーナ (2) (ヤングキングコミックス)超人ロック ニルヴァーナ (2) (ヤングキングコミックス)
(2010/01/30)
聖 悠紀

商品詳細を見る
スポンサーサイト
12

今頃ですが…

>超人ロック 嗤う男 第2話


COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2010年 02月号 [雑誌]COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2010年 02月号 [雑誌]
(2010/01/04)
不明

商品詳細を見る<;/a>



先月のラストで出て来たパイロット、巻き毛が聖先生的イケメン?
新しいメカニックと引き合わされるが、生意気だとヤキを入れられた
腐ってやがる、と
彼はひょっとして連邦のエージェント?
一方、囚われのロック
催眠暗示にも思うように情報が得られないので、惑星軍か連邦軍か、とデータベースに探りを入れる
ウーツェイから連絡が入り、二人一遍にいなくなったので一人至急回して欲しい、との事
ボーナスをつけて95号を回すようだ
ミリアムが首輪のESP感知に合わせて絞まり、首が切断される事を説明して連れていく
三日で仕込むとか
ウーツェイはミリアムをレーサーにスカウトするが…好きなように乗ることが出来ないなら受けられない、と
彼女は元連邦軍海兵隊、輸送シャトルのスペシャリスト…上官をペーパーナイフで殺害、除籍…綺麗で殺人癖のあるキャラもよく登場するなぁ
“エルナ”は強烈だったが
ロックの方は暗示による尋問も進まぬ様子
長官やクーガーが見えてロックも暗示に気づいたようだ
怪我して入院したソノートの連邦軍病院、データ非公開でイスデラに探らせるが…時間が掛かり過ぎる、と
精神的・肉体的なストレスを加えてある程度疲労した状態で続けることを提案された
整備されたレーサーを試した巻き毛の男
腕は確かか、とひとりごちた
が、レースの半分までで、あとはオンボロに戻るらしい
新入りがレーサーを弄っているのに話しかける
前は事務で電子使いを使って会社の金を抜いていたようだ
初めてでレースに出る危険を話し始める…
周回遅れの時、抜かれるのに避けるが、上によけるとカメラにセンサーが付いているので設定した高度を上回ると信号を送り、エンジンが止まる
下へ行くと、有毒ガスと蜘蛛の巣が待ち構えている…
まあ、だから賭けても面白い?
シャトレーズとはえらい違い…
12

超人ロック 新章突入!

雑誌の発売は今月五日だが、やっと読めた
フラッパーでの新しいエピソードが始まった
今月号にはメディアファクトリー版のロックの年表があります

>超人ロック 嗤う(わらう)男 第1話


COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2010年 01月号 [雑誌]COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/05)
不明

商品詳細を見る



辺境?の惑星上で展開されるレース…
峡谷のような所を飛行艇のようなレーサーでクラッシュしたら…百足のような惑星の原生生物に襲われ喰われた…
優勝したジャック・フォトン
どうやらこのレースで勝ち続ける、トップレーサーのようだ
レースを仕切るウーツェイは、次は手を抜いてくれるとありがたい、今のままじゃオッズがマイナスで賭けが成立しない、とぼやく
伝説のチャンプの君を見ようと他の星から客も来るし、放送も収益が上がっているが、肝心の賭けはあまり伸びてない、と
が、強力なライバルが現れれば…今日入った子供か?と聞くが
才能もあるし、見た目も悪くない、名前は…というのを遮り、すぐに死ぬ奴の名前を聞いても意味がない 奴がもし長生きしたら自然と覚えるだろう、と
マスコミがインタビューを求めたが、おまえらに話すことは何もない、とにべない様子
胴元のウーツェイとギボンズ所長の会話
亡くなったマカレイは二位争いの中では最有力の一人で惜しい事をした、と
彼はEで辺境に流れて来た時点で家族とは絶縁状態だし、人身売買で連れて来られた者は記憶操作しているらしい
「安上がりで安全な方法」らしい
超能力を忘れさせるわけにはいかないので“首輪”付きだと
補充のパイロットとして元パイロットて22歳といってるが、どう見ても違う、と
若返りは脳の皮質細胞年齢まではごまかせない、だが民間の会社でも22歳でプロのパイロットになるのは不可能だ、と
写真が…ロック!
ここ最近は結構素顔で出て来るのが多いなぁ
で、テストを全て終えてデータを取ったら首輪付きで渡すが、いつもより経費がかかったので紹介料を上げてくれ、と交渉に来たようだ、所長
戻って交渉は新しい験体の話をしたらうまくいった、と
2ヶ月後に引き渡すから、他の実験はしばらく保留で情報を搾るだけ搾って例の装置の実験もする、とのこと
精神がもつか危惧する女だが
252号のように自閉症になったり、145号のように発狂したらウーツェイがかんかんに怒るだろうが、あいつは多分大丈夫だろう、そんな気がする…まあ確かにロックなら平気だろうが
ロック・ヴァン・ベイル、22歳、出身はソノート
随分と歳をサバを読んで…(笑)
話の装置に掛けられた
幻覚で尋問?
ソノートの連邦士官学校を中退してコンラッド星間運輸に入り、副操縦士を一年
お茶を出されたら思わず、「ありがとう、フラン」と…
フランって誰?から質問が開始されて…
コンラッド運輸の社員で自分に親切にしてくれた人、と話すが、検索の結果、コンラッド運輸には「フラン」という方はいらっしゃいませんよ?に殻に閉じこもるロック(笑)
ESP波探知したので電気ショックが
今日は切り上げた方がいい、と部下
ギボンズ所長は必ず正体を暴いてやる、と闘志を燃やすが
一方あるパイロットが臨時のメカニックだからと、元マカレイのメカニックが挨拶に来た…
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。