--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

修羅の門 第弐門(4) (講談社コミックス月刊マガジン)修羅の門 第弐門(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2011/12/16)
川原 正敏

商品詳細を見る
スポンサーサイト
06

"発剄"の正体は…

修羅の門 第弐門(4) (講談社コミックス月刊マガジン)修羅の門 第弐門(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2011/12/16)
川原 正敏

商品詳細を見る



>修羅の門 第弐門 第15話

呂布の"発剄"が分からなかったわけですが…
しかし、非力なバッターの飛ばす打ち方に似たパンチ
それに気づいた九十九はそれを見切りダメージを少なくして反撃に出る
でも、ダメージは喰らっている…
それでも、懐に入って組みに行くも今度はパワーを生かした打撃が飛んでくる!
天性の読みと勝負勘によってそれぞれ対処法の違うパンチを躱している九十九だが…
06

まだまだ探り合いですな

月刊 少年マガジン 2012年 01月号 [雑誌]月刊 少年マガジン 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/06)
不明

商品詳細を見る



>修羅の門 第弐門

戮家の『発剄』を警戒する九十九…っていうか、見てないから周りの人たちなんだよな…
カウンターだ、と考えたのでゆっくり近づいて“虎砲”を放とうとしたが、皇帝を沈めたパンチを紙一重で飛んで逃げた…
が、ダメージはおった模様
今度もまた無造作に近づいていくが…足を刈り呂布を斃して三角締めに!
飛田もこれは抜けられない…という掛かり具合いだったが、力で起き上がり、九十九を叩きつけようとする
またも自ら股の下をくぐり、後ろに抜けて間合いを取った…
やっぱりまだまだ、序盤ですのう…
06

まだまだ前哨戦

月刊 少年マガジン 2011年 11月号 [雑誌]月刊 少年マガジン 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/06)
不明

商品詳細を見る



修羅の門 第弐門(3) (月刊マガジンコミックス)修羅の門 第弐門(3) (月刊マガジンコミックス)
(2011/09/16)
川原 正敏

商品詳細を見る



修羅の門 第弐門 第12話

何か、呂奉先と戦う前の前口上でしたね
ともあれ、未だ始まったばかり、長くなる本命の強者とはいつ出て来るのか…


06

皇帝は陸奥とは戦えないのね…

月刊 少年マガジン 2011年 09月号 [雑誌]月刊 少年マガジン 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/06)
不明

商品詳細を見る



修羅の門 第弐門(2) (月刊マガジンコミックス)修羅の門 第弐門(2) (月刊マガジンコミックス)
(2011/06/17)
川原 正敏

商品詳細を見る



先月は“ふでかげ”だけで休載でした
私はこっちを見たい

>修羅の門 第弐門 第十話

自らを石ころと言い、しかし人としての意地を見せた毅波英明
どうやら圓明流を習い人を越えるような修行をしてきたらしいが、圓明流をマスターするには天賦の才が要るようだ
大阪支部で見ていた木村は自分は陸奥と戦って憧れたが、毅波は戦う相手として向かっていったことが凄い、と拍手を送る
そして、会場や周りでは陸奥の次の相手が取りただされ始めた
やはり“兵(つわもの)”でのトップ、“皇帝”では…と。
大晦日のイベント、ファイナルは皇帝の試合
相手は新進気鋭の台湾の大型選手
…結構、リアルの格闘技世界をモデルにしていたりしていたが、台湾、か…
えげつないくらい冷静にフィジカルを生かした戦いをする皇帝、だったが、敗れた
次の相手はその選手か

…舞子は相変わらず健気
私としては(勝負は見えてるが)金髪の大富豪の娘、再登場しないかなぁ…
まあ、歴代陸奥を見てると一途だからなぁ…早い者勝ちか?!wと
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。