--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

ジーコのイラクに零封で勝ち、予選Bグループで勝ち点トップに

カンピオーネ! 10 槍の戦神 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 10 槍の戦神 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/08/25)
丈月 城

商品詳細を見る


<'12/9/12>

 「W杯アジア最終予選、日本1-0イラク」(11日、埼玉ス

先制ゴールを決めて喜ぶ前田

 B組の日本が、折り返しとなる第4戦でジーコ元日本代表監督率いるイラクを1‐0で下し、5大会連続の本大会出場に大きく近づいた。FW香川真司(23)=マンチェスター・ユナイテッド=はこの日、腰痛を理由にベンチ入りメンバーから外れた。香川が今回のW杯予選で欠場するのは、3次予選から通じて初めて。日本は前半25分にFW前田遼一(30)=磐田=のゴールで先制し、香川の代役のFW清武弘嗣(22)=ニュルンベルク=も見せ場をつくった。エースを欠く緊急事態を、チーム一丸で乗り越えた。

 ジーコを粉砕した前田のゴールを、香川はスタンドから見守っていた。右手でガッツポーズを作り、拍手で仲間たちを祝福した。前日練習のミニゲーム、最後の最後で腰に違和感を覚えた。「治療をしたけど(出場したら)迷惑をかけるので。ボールを持った一瞬の動きでちょっと(痛めた)」。試合後は、悔しさを隠すように淡々と振り返った。

ブラジルW杯予選でベンチにも入らなかったのは、3次予選を通じて初めて。ザッケローニ監督は午後3時ごろまで出場の可能性を探りながら「100%でない選手を送ることはできない」と代役に清武を立てる決断をした。香川の指定席だった攻撃的な左サイドに入った清武は前半15分、右サイド岡崎からのクロスを逆サイドで待ち構えてヘディングシュート。後半35分には本田のダイビングヘッドをおぜん立てするクロスも見せた。

 役割を果たした清武は、外してしまったヘディングには「もうちょっと練習します」と反省したが、「全員でマンマークに来て苦労したけど、自分のやりたいようにやれた」と全体的には自身に及第点を与えた。決勝ヘッドの前田は埼玉スタジアムの最終予選で3試合連続ゴール。「(先発に)定着した気持ちはない」と危機感を募らせながらも「たくさんのサポーターの前でゴールできてうれしい」と喜んだ。

 ただ、欠場で香川の存在感が浮き彫りになったのも事実だ。ザッケローニ監督は「香川の方が得点に近い」と影響を認めた。王様・本田も「真司がいれば、もっと個人技やコンビで崩せたと思う」と振り返った。協会はすでにメールでマンUに負傷の事実を連絡し、クラブの公式サイトでも伝えられた。
香川は「歩くのは問題ない。しっかり治療したい」と出直しを誓った。香川の悔しさも乗せて、チーム一丸でW杯へ近づく勝ち点3をもぎ取った。



ジーコ、奇襲失敗…若手大量起用も敗戦

2012年9月12日
試合後の亮監督

 試合後、ピッチで話し込むザッケローニ監督(右)と本田を見つめるジーコ監督(左端)=撮影・出月俊成
拡大写真はこちら
 「W杯アジア最終予選、日本1-0イラク」(11日、埼玉ス)

 イラク代表を率い、日本代表と対戦したジーコ監督(59)は、U‐23世代の若手選手を大量先発&エース・ユーニスのスーパーサブ起用という“奇策”に打って出たが、不発に終わった。試合後は、かつて自らが指揮していたころから大きく成長した日本代表の姿に目を細めた。

 “神の奇策”は不発に終わった。イラク代表監督として埼玉スタジアムに帰ってきたジーコは、6月の代表予選から大幅に入れ替えたロンドン五輪予選出場のU‐23世代を大量に先発起用。さらに出演した日本のテレビ番組などで「イラクのエース」と猛烈にプッシュしていた背番号10のユーニスを、後半から投入するという大胆な采配に打って出たが、最後まで日本のゴールをこじ開けることはできなかった。



豪州がヨルダンに敗れる 日本独走状態

2012年9月12日

 ヨルダン戦で競り合うオーストラリアのニール(右)=アンマン(ロイター=共同)
拡大写真はこちら
 サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選は11日、各地で行われ、日本と同じB組で3大会連続本大会出場を目指すオーストラリアが敵地でヨルダンに1‐2で敗れる波乱があった。

 B組は4試合を消化した日本が勝ち点10で独走状態となり、3試合のヨルダンが同4、オーストラリア、イラク、オマーンはいずれも同2となった。

 A組は敵地でウズベキスタンと2‐2で引き分けた韓国が勝ち点7でトップを守った。レバノンが1‐0でイランを破ったため、イラン、カタール、レバノンが同4で並ぶ混戦となった。(共同)



勝って、有力な候補と見られていたオーストラリアが敗けたので、ダントツの勝ち点で首位ですな
次は11月と6月の3連戦でしたかね?
残り4試合なんで全敗だと分かりませんが、まず決まりは濃厚ですなぁ
油断大敵、ですが。
試合は、前の試合よりはしっかり攻めで連携が取れていた感じですね
ジーコ監督の奇策、レギュラーメンバーを総入れ替えして、マンツーマンという奇襲…
おそらく、日本チームを分析しての結果なのだと思いますが…
こういう大胆な手は、日本を指揮していた時は敗けた後とかでしたけども
監督のコメント通りに受け取れば、確かにイラクは戦争の後治安の混乱でチームを作るどころではなかったから、若手を育成する、というのも分からないではないですねぇ
さて、流石に前半は日本の守備陣も混乱しがちでしたが…
0封出来たのはDF陣とGK川島のセーブが見事でしたが、でも結構チャンスを作られていたのでそこはなぁ…とは思いますが
スポンサーサイト
09

ヤングなでしこ、開催国で3位(銅メダル)、獲得!

カンピオーネ! 8 受難の魔王たち (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 8 受難の魔王たち (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/11/25)
丈月 城

商品詳細を見る


<'12/9/9>

陽子、無回転弾で「銅」ヤンなで初メダル獲得!…U―20女子W杯
銅メダルを掲げるヤングなでしこ
3位となったヤングなでしこ(手前左から藤田、田中陽、道上、猶本)は、スタンドの声援に手を振って応えた

 ◆U―20女子W杯 ▽3位決定戦 日本2―1ナイジェリア(8日・国立競技場) ヤングなでしこが3位決定戦でナイジェリアを2―1で破り、初の銅メダルを獲得した。前半24分にMF田中陽子(19)=INAC神戸=が日本代表MF本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=を手本にした25メートルの無回転シュートで先制。大会通算6ゴールで惜しくも得点王には届かなかったが、今大会最多3万1114人の大観衆の前で有終の美を飾った。決勝は米国がドイツを1―0で破り、3度目の優勝に輝いた。

先制の田中(陽)無回転シュート
前半24分、田中陽が先制のゴール

 約3万人の大観衆が息をのみ、どよめいた。前半24分。MF田中美からパスを受けた田中陽の頭に、イメージが瞬く。ゴールまで約25メートル。体重を乗せて左足を振り抜くと、無回転の高速弾がナイジェリアGKホワイトの右手をはじき、ゴールネットを揺らした。

 田中陽「あの距離は無回転じゃないと(GKに取られてしまい)入れる自信がない。前があいていたので(足を)振って流れを変えようと思って。練習してきた成果を大舞台で出せた」

 ホワイト「ボールが横に揺れてきた。あんなシュートは初めて。難しくてセーブできず、手を当てるのが精いっぱいだった。ナイスシュート」

サポーターに向かって手を振る田中(陽)
サポーター向かって手を振る田中陽

 両足を同じように使うだけじゃない。女子では珍しい無回転シュートも打てる。最後の試合で秘密兵器を使った。手本は、ポルトガル代表FWのC・ロナウドや日本代表MF本田圭佑、ウルグアイ代表FWフォルランら名手。何度も映像を見返し「どこに重心を置くか」などイメージを作った。4日の韓国戦では直接FKで試したが、失敗。「体の角度、当てる場所」を変え、今度は動くボールをゴールへ沈めた。

 ナイジェリアの選手に何度も吹き飛ばされながら、勝利への突破口を開いた。6試合で計6得点。尊敬するなでしこジャパンのMF沢穂希(34)が昨夏のドイツW杯で挙げた5得点を上回り、10年U―17W杯のMF横山と並んで1大会最多タイとなった。「自分でもびっくり」。得点王争い2位でシルバーブーツを獲得し、表彰式では大会アンバサダーの沢から「おめでとう」と祝福された。

シルバーブーツを手に取る田中(陽)
シルバーブーツを手にポーズを決める田中陽

 今大会での成長で、なでしこジャパン入りも見えてくる。「少しは距離が縮まったかな。でも、まだまだ。もっと経験を積んで近づきたい」。15年カナダW杯にも「3年後には」と照準を合わせた。優勝してはしゃぐ米国を横目に「いろいろ感じた」と号泣した19歳。中米からアフリカまで5つの国からゴールを奪った美少女ハンターが、悔しさも力にして、さらに高い壁に挑む。

 ◆沢祝福と助言 ○…なでしこジャパンMF沢穂希(34)=INAC神戸=、MF宮間あや(27)=岡山湯郷=が銅メダルを祝福。沢は「開催国としてメダルを取れたことは大きい。どの選手もシュートを打ち、積極的だった。ただ、個々のレベルアップをしないと上では戦えない」と助言。宮間は「私が19、20歳の頃はここまでうまくなかった」と舌を巻いた。なでしこ6選手は、佐々木則夫監督(54)と共に決勝戦のハーフタイムで五輪銀メダル獲得を報告した。



猶本号泣「金メダルがよかった、忘れられない日になる」…U―20女子W杯


楢本、アメリカの金を見て悔しがり、涙
表彰式で涙を流し、目頭をおさえる猶本(左、右は田中美)

 ◆U―20女子W杯 ▽3位決定戦 日本2―1ナイジェリア(8日・国立競技場) ヤングなでしこが3位決定戦でナイジェリアを2―1で破り、初の銅メダルを獲得した。前半24分にMF田中陽子(19)=INAC神戸=が日本代表MF本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=を手本にした25メートルの無回転シュートで先制。大会通算6ゴールで惜しくも得点王には届かなかったが、今大会最多3万1114人の大観衆の前で有終の美を飾った。決勝は米国がドイツを1―0で破り、3度目の優勝に輝いた。

 試合終了のホイッスルが鳴ると、MF猶本は号泣した。表彰式の後には「金メダルがよかった。(喜ぶ)アメリカを見て悔しくなった。今日は忘れられない日になる」と唇をかみ締めた。ピッチに立つ11人の力だけでなく、登録メンバー21人だけでもない。けがなどで本大会に出場できなかったメンバーの思いも背負っての銅メダル。さまざまな思いから解放され、涙が止まらない。

 背番号11のFW田中美は試合後「MURAMATSU」と書かれた2番のユニホームを着て、スタンドを回った。日テレの同僚で、今大会開幕2日前に右前十字じん帯を損傷して離脱したDF村松のものだ。「カツオ(村松)と一緒に」と仲のいいFW横山から渡された。

 田中美はスタンドへ向けて、村松が考案した腕を曲げて肘を前へ突き出しアゴを上げる“どや顔ポーズ”を決めた。視線の先には、やはり負傷で出場を断念したロンドン五輪銀メダルメンバーのFW岩渕の姿があった。田中美は松葉づえをついて来場した村松へ「あす病院にお見舞いに行くので、まずは銅メダルをかけてあげたい」と笑った。

 チームは、ひたむきな戦いぶりでフェアプレー賞も受賞。試合前に主将のMF藤田が「みんなで同じ方向を向いて勝とう」とスピーチした通り、固い結束力で史上最高の3位という結果を生んだ。



一応、後学のため、ドイツ―アメリカ戦も観戦しました
…なでしこの時よりボール回しが速い!と思ったら、お互いプレーするスペース確保の為、なでしこのように詰めていなかったのだが。
勝ったとはいえ、ドイツもなでしこの素早いマークとボールを取りに来るサッカーはさぞイライラしたろうな…
ま、開始早々その人数を掛けたところを突破され、先制されてからは自信喪失か動揺からプレッシャーが鈍くなって追加点を取られて敗けたんですけどね…

優勝したアメリカは"谷間の世代"と呼ばれていたそうである…アメリカの層の厚さが良く分かりますね…
とくにアメリカはドイツをよく研究していて、しっかりドイツのストロングポイントを消していた
ボールから少し距離を取り、相手にドリブルされても体をぶつけ、邪魔をする―或いは止める事が出来るのが、フィジカルで負けていない白人―黒人の優位さですね~
なでしこはこの方法は採れない…
決勝を見ただけでは、予選でアメリカが0-3で負けたとは信じられないだろう
それ程ドイツの攻撃の起点をシッカリ押さえて好きにさせなかった
やはり欧米は戦略の構築と実行が出来る、強敵ですな
彼女たちがフル代表で戦う時もこのドイツ・アメリカの選手と当たるわけだしね…

さて、ナイジェリア戦は前半、陽が出ていた時は蒸し暑さから向こうの動きが鈍かったように思う
後半、負けていて攻勢に出た、というのもあるだろうけど、陽が傾きピッチに影が出来るようになって動きは良くなったように思うので。
先制のミドルシュートはもう田中(陽)を褒めるしかないですね
あの無回転シュートは野球のナックルのようにフラッと堕ちて来るのでキーパーには厳しいから
女子バレーボールの日本チームは無回転サーブをマスターしてるそうですがね…サッカーはね…
2点目はキッチリ崩しての得点は得点への組み立てが良くできた、と
ドイツ戦での最終ライン、守備が不安だったけど今回に限ってはそれなりに機能してたね
解説の大竹七未さんが言っていた、アフリカチームの独特のリズム・呼吸は少し動きが鈍かったのでそれ程脅威にはならなかったけど…
フル代表では(W杯、オリンピック)アフリカはそんなに目立ってなかったけど、育ってるのねぇ…
ナイジェリアも10番とかいい選手いたし、予選でドイツに0-1と健闘したガーナとか…
レベルは世界的に上がってるんだなぁ、と
07

ハーフナーマイクの久しぶりの活躍! 駒野イイね!!

カンピオーネ! 7 斉天大聖 (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 7 斉天大聖 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/07/23)
丈月 城

商品詳細を見る


<'12/9/7>

ハーフナーV弾!昨年10月以来の一発に「自信回復」…キリン杯

ハーフナーマイク、先制V弾


「キリンチャレンジカップ2012」の記事をお探しですか?最新関連記事が 20+ 件 あります。


後半24分、ハーフナー・マイクが頭で合わせ、先制ゴールを決める

 ◆キリンチャレンジ杯2012 日本1―0UAE(6日、新潟・東北電力ビッグスワンスタジアム)FIFAランク120位のアラブ首長国連邦(UAE)と対戦した同23位の日本は、後半24分にFWハーフナー・マイク(25)=フィテッセ=の決勝ゴールで1―0と辛勝した。精彩を欠いたMF香川真司(23)=マンチェスターU=は前半のみで交代となり「何も残せてない」と猛省。11日のW杯最終予選・イラク戦に向け収穫と課題が同居する試合だった。

 待望の一発を決めスタンドに向かって走ったハーフナーは、安心した表情を浮かべた。後半24分だ。駒野からのクロスに頭で合わせ先制点。昨年10月のタジキスタン戦以来の得点に「昨日(5日)は自信がない感じだったが、久しぶりに点を決め、自信が回復した」とホッと胸をなで下ろした。

 自身も驚きの先発だった。所属するオランダのフィテッセでは今季先発はなし。「(先発は)今日言われた。まさか90分間やるとは思わなかった。ある程度できたので、明るく眠れます」と笑った。

 もともと首が細かったため、バランスが悪くヘディングするとめまいを起こすなど、苦手だった。しかし、甲府に所属していた昨年5~7月、練習前にフィジカルコーチと毎日10分間、肩の筋力を鍛える筋トレなど首の強化トレーニングを実施。その結果、首回りが太くなり、不安が消えた。ルーズボールに飛び込む、体を張るプレーにもためらいがなくなると得点力がアップ。日本人トップのシーズン17得点。代表初招集。首強化の成果は随所に見られ、前半終了間際には酒井宏のクロスにダイビングヘッド。GKに止められたが、積極的な姿勢を見せ、「あれも入れたかった」と苦笑いした。

 フィテッセでは左サイドで起用されることが多いが「FWでやりたい気持ちが強い。エリア内で決める自信はある。今日は1回は入ると感じていた」とゴールのにおいをかぎつけていた。「勝てて良かった」。1トップのライバルであるFW前田の目の前で結果を残した長身FWが、イラク戦でも脅威になる。



う~ん、本田と香川、切り込んで敵陣を切り裂き、突破してシュートまで持っていく能力は十分ある、という事は分かった
が、その為にハーフナーマイクは浮いた形だった印象が前半、香川も上がってきたオリンピック組酒井とのコンビネーション、しか見られなかったのは残念
後半は大幅にチェンジして、本田⇒中村(憲)から遠藤の辺りまで攻撃の起点が下がり、左右まんべんなく攻め手に幅が出来たように思う
勿論、駒野のピンポイントのセンタリングも素晴らしく、キッチリ決めたハーフナーマイクを褒めるべきですけどね
課題の守備陣は…可もなく不可もなく?
相手の10番に切り込まれていたのは彼の個人技故…というか、中盤でボール奪われたからか?
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。