--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

はじめの一歩、のようなストイックな戦略のチャンピオン

アスリートの魂 井岡一翔

私はボクシングのストイックなところが好きですな、何というか時代小説の剣客モノみたいで
相手の挑戦者は、常に動き回り軽快なフットワークで相手の距離にさせないスタンスのボクサー、エルナンデス
パンチもあり、KO率は70%の難敵
井岡の方はというと、世界レベルではハードパンチャーでもなく、スピードがあるわけでもなく、打たれ強いわけでもない…
そこで、戦略が重要になってきます
その戦略を名トレーナーと二人三脚で、戦略を立て、それを実行するためにプラクティスを積み重ねるというはじめの一歩でおなじみの光景だったが、現実で見せられると、グッときますね
最初に立てた戦略は、仮想敵のスパーリングに通用せず、戦略の変更を余儀なくされた
そして、考えあぐねた上にコーナーに追い詰めていく戦略は変わらないが、フェイントのパンチを伸ばして逃げる方向を塞ぎ、そこにコンビネーションブロー・カウンターを入れていくという戦略
しかし、スポーツは戦略が出来ても実践出来るか、という問題がある
その為に考えて動くのではなく、反射的に動けるよう身につけなければならない
そこに至るまでのトレーニングはボクシングは似合う光景です

そして始まった初防衛戦、挑戦者もさるもの、アウトボクサーを捕まえる作戦で来た井岡だったが、エルナンデスは前に出て来た!
序盤から積極的に前に出て打ち込んでくるエルナンデスに戸惑い、ペースを乱される井岡
しかし、考えようによっては捕まえる努力をして捕まえて打ち合える挑戦者に、打ち合える距離に来てくれたと近寄って反撃を開始する井岡
ここで強者である挑戦者は更なる秘策を打っていた!
近寄って打って来ると予想していて、カウンターで強烈なアッパーをお見舞いしてきたのだ
この辺りは挑戦者側も良く考えて来ているなぁ、と
しかし、打ち合いは望むところ、一打の効果よりも手数で押していき優勢に。
たまらず足を使いだしたが、練習通りにフェイントのパンチで退路を塞ぎ、コンビネーションがカウンター気味に炸裂!!
ダウンを奪い、流れを手にした

スポーツと言えど勝つ為に戦略を立て、実践していく様は凄い入ってきて、クレバーでいいボクサーなのだなぁ、と見直しました


スポンサーサイト
23

ヒーロー声優たちの深い語りです

ディープピープル ヒーロー声優


野沢雅子氏、古谷徹氏、小山力也氏の三人でした。
司会というか、解説の関根勉さんと古谷さんと同い年で、巨人のはしを感動して観ていて後でそれを知ったという
この三人だと、どうしてもトークイベントの経験の豊富な古谷さんが前に出る傾向にあってけど…
色々なキャラやシチュで演技を変えるプロの技が凄いなぁ、と




02

プーチンのロシア

メドベージェフが大統領になってもそう呼ばれるのね…

>NHK スペシャル プレミアム 揺れる大国 プーチンのロシア 第2回 失われし人々の祈り 膨張するロシア正教

経済危機後の社会不安から来る拡大していくロシア正教をテーマにしたドキュメント
ソ連邦崩壊前までは共産主義イデオロギーによる無神論、宗教は阿片だ(或意味正鵠を得ている言葉だと思うけど、ワシ的に)との言葉の下、弾圧されてきたロシア正教だったが、今やプーチン大統領の時から政府の援助を受け、教会建設や広報活動の支援などを受け、新生ロシアの精神的支柱として期待されているようだ
ソ連邦時代に迫害を受けたのも、ツァー(皇帝)より保護を受け、また教会の管理するオブシーナという共同体により民衆を監督していたことも、社会主義の実現として破壊しなければならなかったのだろう、と理解した
しかし、このオブシーナも復活して、市民に浸透していく組織として活動していた
困っている人たちに手を差し伸べて、信仰を広げていくやり方は何処の宗教団体でもやっているが…
アフリカでイスラム教が広まっているのもこのやり方だというし
彼らの信仰に関わっているのに二人の人物がレポートされていた
一人はソ連邦崩壊後に事業を立ち上げ成功したが、暴力的になり酒で刑務所に入って今はトラック運転手、もう一人はソ連時代にアカデミーで研究していた科学者
…沸騰都市のシンガポールで集めている科学者にもロシアや東欧からも来てるのかのう
気になったのはロシア正教会でやっていた、少年に対して元特殊部隊隊員を教官にしての軍事訓練と宗教の合宿だ
小学生から中学生くらいの少年達がAKを持って突撃訓練、コマンドサンボの格闘訓練と行う映像があった
これを観て、左翼の反戦の人々は如何反応するのか聞いてみたいな
少年の、信仰と愛国心の厚い人間は素晴らしい人間です、と目を輝かせて答えていた姿とかを観て、とかも
例えこちらが非戦の精神でも、愛国心と信仰から攻めろ、といわれて来ている彼らを止める理由にはならないと思うのだが…
ともあれ、ロシア正教が、誕生して時を経ていない精神的(保守的)ロシアを支えていくのだろうが、歴史を鑑みると組織として成熟を遂げたロシア正教と政府はいずれ利害は不一致になって行くと考えられるけど
まあ、かなり先の事か…
でも、宗教社会学として、ソ連や東欧社会主義国の崩壊からの東方正教会系の信仰の勃興はテーマとして楽しそう
是非、秀逸な論文とか著作があれば読んでみたいが…(出来れば日本語で(´∀`)ゝ)
誰か知りませんか?

17

沸騰都市 最終回

>Tokyo 最終回
この回で最終回だという事で東京?
今までは異国と言うことで切り口は一つか二つだったが、今回は何か乱雑だった印象を受ける
地下に向けて伸びていく都市網、規制が緩和された事で高層建築による開発、その開発によってアジアの中核都市として生き残ろうという東京の方針というヴィジョンは見えたけど…
前回のシンガポールよりも国策で官民総出ではなく、三菱地所や森ビルなどの会社がそれぞれバラバラに開発計画を行っている事にかなりの不安が…
多国籍企業や、特に昨今のリーマンなどを見るに、企業は確かに発展を見て開発計画を進めるわけだが、その利益を重視した、徹底した儲け主義の手法に全面的に未来を委ねていいものか、不安を感じないではいられないのだが…
特に、土地神話からバブルを経験したので、我が国は
不況故に安くなっている地価に未だ利益のある投資だと東京は考えられているようで
ただ、古い町並みを守るとか日照権であるとか景観を守る意識であるとかの住民の防衛策とかあるのだろうかねぇ
押井守監督のアニメは…蛇足だった気がする(^_^;)
奇妙な事件を調べる警官がたどり着いた結論が、東京という都市そのものが天の川を見せようと一斉停電などとか、何か甘いノスタルジックな結論は、納得できなかったし

それより、百年に一度の不況で煽りを食った経済の影響を受けている現在の都市を三月にやってくれるそうだ!ゞ(o゚ω゚o)ノ゛
ダッカ、ドバイ、イスタンブール、ロンドン…北京が見たかったが、これらの都市も気になるので、期待しとるがぜよ~
15

シリーズ沸騰都市

>沸騰都市 シンガポール 世界の頭脳を集めろ
このシリーズはどの都市も楽しかったが、特に産業を最先端科学に絞ってバイオ科学、それに伴う医療、さらに環境科学と将来成果が巨万の富を生みそうな分野に集中的に百億単位で投資してその分野での世界のトップレベルにつくという国の明確な政策の下に邁進しているのに感銘を受けた
日本も技術立国なので科学技術分野には継続的で潤沢な資金で支えていくべきではないかと
まあ、シンガポールのような小さな国では元々の人口や歴史から人的社会資本の基盤のスタートから日本より脆弱で、国としての資源の運用に無駄を出していけない事情はあるだろう
が、我が国も世界で見れば人口が格別多い方ではないし、人的資源の有効活用でしか先進国の生活水準は維持出来ないのは同じことなので
現状、小泉改革の負の遺産と非難されているが、やはり人的資源の有効活用、教育や技術研究への予算は伸ばすか、効率化は必要不可欠ではないか、と考えるが
現在の給付金などの問題も対処療法だけで、シンガポールのように何で日本を立て直すか、或いは何を売りにしていくかといった将来像を示せないのが、閉塞感を払拭できない理由ではと
ともあれ、シンガポールは厳しい
単純労働者は滞在は二年で家族は呼べず、国の認可を受けた派遣会社に所属する義務があり、女性は半年ごとの妊娠検査がある
妊娠したり派遣会社をクビになれば強制帰国で
首相(建国の父、リー クァンの息子)は外国プレスに対して、私は国民の信任を受けて政治をやっているのだから国民の利益を優先するのは当然のこと 外国人労働者はバッファー(調整弁)で、景気が悪くなればそういうこと(外国人からの解雇)があるのは仕方ない、と言い放った
フィリピン人の女性のメイドや、建設などの単純労働者に厳しいが、世界から集めた優秀な頭脳にも厳しい
政府の認める成果を上げられなければ、解雇だしね
代わりに潤沢な資金と設備が与えられるが
でも、ノーベル賞の時にも言われたが日本は科学者の研究に冷たいのではないかと
最後にシンガポールの不動産会社が、景気後退で値下がりしている東京の不動産に投資のチャンスを見出していたのが…
で、明日十時から、シリーズ沸騰都市、最終回 東京、だと
24

ビートたけしの東条英機

シリーズ激動の昭和~あの戦争は何だったのか~日米開戦と東条英機


前半はドキュメンタリーで、世界恐慌からの当時のアメリカの状況、ルーズベルト大統領の思惑、ナチスや日本の暗号を解読していたNSAの活動などを紹介していた
まあ、特に新しい情報は無かったけど、暗号解読に心血を注いだフリードマンは知っていたが、その功績が夫婦のモノだったとは(他人の私生活には興味が湧かないので)知らなかった
しかし、ルーズベルトが日本の攻撃を知っていて最初に日本に手を挙げさせるようにし向けたとか、ドラマで東条英機が天皇より開戦を避けるように期待され選ばれたとか、天皇の戦争責任や戦犯としての東条英機の避戦の意志とか、東亜に配慮を十分にしているtbsにしては、その内容で良いのか?と(笑)
ドラマは陸軍省で各省との折衝に当たる軍務局軍務課の石井秋穂(阿部寛)に焦点を当てて1940年の九月からの日米開戦までのモノだった
しかし、後半以降は避戦に持っていこうとするビートたけし演ずる東条英機が印象的で、たけし本人の癖とかをやっているんだけど、妙にそれっぽく見えたのがチョッと感心した
役者も、当時の日本首脳という事でベテラン勢で固めていて、昭和天皇の野村萬斎、山本五十六の市川団十郎、など結構力入れて集めたんじゃないか、と思った
アメリカのハル長官と交渉に当たっている東郷茂徳に橋爪功で統帥権干犯という伝家の宝刀を振りかざす参謀本部(開戦派)との交渉から、中立を保つ海軍側との駆け引きという形だった
海軍大臣役の伊武雅刀がなかなか(笑)
満州事変以来冷遇されていると不満の海軍に陸軍が予算を譲る取引で開戦に賛同する、という流れに
当時世論を開戦に持っていったマスコミ-公式には戦前好戦的に戦争をあおったと反省するが、個人的には昔のマスコミの先人と今の俺達とは関係ない、という考えが文章に浮かんでいると感じることもあるが-と徳富蘇峰(西田敏行)に当時を聞く語りで物語を始めていたので、彼らの責任を追及する記者(高橋克典)を登場させていたが…
蘇峰の言い分が、マスコミの弁明を重ねているんじゃ、というのは穿ちすぎかな?(笑)
19

世界のドキュメンタリー シリーズ プーチンのロシア

>ガスプロム
ガスプロムがドイツのガス会社の株を取得した経緯から注目してはいたが…
どう考えてもロシアはエネルギーで周辺諸国を牛耳る、或いはもっと控えめに言って影響力を増大させる経済戦略路線をとっているのは明らか
ロシア政府の方針として、緩衝地帯の設置 確立が防衛戦略の大綱なのに、外交的 軍事的に東欧ばかりでなくCIS内からも離れていく現状で、より効果的なエネルギーに拠る楔、を選択したという事だろうか?
それにしても経営方針を決めるのにプーチンの承認が必要な以上、普通の民間企業では有り得ないな(笑)
国家エネルギー供給庁とかの名称の方が相応しいような
この方針だとサハリン2の日本の権益が排除され国有化へもさもありなん、というしか
ところで、サハリン2は完成したとしても本州まで延びるパイプラインが建設されなければ国の重要なエネルギー政策とは成り得ないような…
費用対効果や、ロシアにエネルギーの一部を依存するのか?という命題も有ろうが将来を見た場合には今議論されている道路より建設的な気もするが、パイプライン
ヨーロッパ各国やEU全体としてのエネルギー確保計画を見てると、我が国は…
クリーンエネルギーの開発に力を入れていても未だ未知数な訳だし、原発は住民運動でまず不可能に成りつつあるかと
原発に関しては逆説的に限界集落や財政破綻の自治体を利用すれば建設可能になるかも…
ともかく、アメリカ主導のラインでもガスプロムのBluestreamでも、トルコとヨーロッパの関係が注目されると思うけど…
EU加盟はトルコ国民の方が熱意を失ってしまった感があるが
また、イラク北部のクルド人自治区は油田として有名だが、ガス田はどうだろう?
EUのエネルギー安定供給という意味においてはイラクの治安は言うまでもなく、イランも何とか関係改善したそう…
転じて、北朝鮮はほっとかれそう…ヨーロッパには関係ないよね…


>こうしてプーチンは権力をー
側近政治で統治?権力を握る、はロマノフ朝の時代から変わらぬのう
それにしてもプーチンが話してみると共感やシンパシィを感じさせる印象、とは驚き
我が国のニュースでは何を考えているか分からない人物(荘厳なのはロシア人の統治者に求めるものだそうだが)とか、KGP出身のツァーとかしか
そして…あのモスクワのテロもプーチンに強い指導者を求める民衆の世論を起こす動機があった、は明確にプーチン側が関わったことには言及し無かったが…
チェチェン紛争といい、少なくとも灰色で有るイメージを…
何だかんだ言って、大統領というよりはツァーだよね…
幸運に恵まれたことは確かだが、その後の努力や方策は明らかに有効な手立てで…
後任の大統領に関してはどんな人物かは未だ知られていないが、2?3年は確実にプーチン院政の予感?

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。