--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

なでしこ、快挙!!

なでしこ、優勝


今日はやっぱりなでしこジャパンのW杯優勝でしょう
アジアの国で初、一度も勝った事の無いFIFAランク1位のアメリカをPK戦とはいえ破ったのは歴史的快挙、と言っても過言ではないだろう
彼女らが常に震災に温かい支援を送ってくれた諸外国に感謝の横断幕をひらめかせていたし、自分たちの活躍で震災に遭った人たちを元気づけたい、と言っていたことも立派だと思う
佐々木監督(山形県尾花沢出身 確か昔大関とか出たような…相撲詳しくないんで)も、試合前に震災のビデオを選手たちに見せていたというし
本当に粘り強かった、延長前半勝ちこされた時はダメかと思ったけど…
澤がコーナーを合わせて追い付き、PK戦へ
実はアメリカとブラジル戦、延長で勝ち越され追い付いたアメリカがPK戦で勝った試合を観ていたのだが、あれを思い出した
あの時はアメリカの選手たちのキック前を映していて、英語で"イケる、私たちなら勝てる"的な戦意高揚のセリフが、ゴーゴーヤンキー娘の象徴的な雰囲気を醸し出していた
今回は、追い付いたなでしこの方が自信に満ち溢れていたような
ので、日本の試合とはいえキック前のアメリカ選手も映して欲しかったなぁ
細かく繋ぐサッカーは好成績を挙げたとはいえ、自分の理想を諦めた岡田監督の目指したサッカーでもある
男子はやはり、トラップなどの技術が、世界レベルでは未だトラップ後のボールの反動が大きく、体を入れられたり、トラップのこぼれをカットされていた
その意味では女子は世界レベルの個人技を身につけている、というのも素晴らしいと思う
とはいえ、アメリカの選手の技術もフィジカルも日本より上だったと思うので、よくやった!
女子は、バレーボールとかは結構人気だと思うけど、ソフトボールや今回のサッカーのように一時的な人気や支援じゃなく、育てて欲しいなぁ
…女は強いなぁ
Tags:#なでしこジャパン #W杯優勝
スポンサーサイト
05

ラストバトルへ…ってラブコメだよね?!(爆)

ロザリオとバンパイア season2 9 (ジャンプコミックス)ロザリオとバンパイア season2 9 (ジャンプコミックス)
(2011/06/03)
池田 晃久

商品詳細を見る


ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/04)
不明

商品詳細を見る


>ロザリオとバンパイア #43 宣戦布告

今回からは敵の本拠地、“お伽の国(フェアリーテール)”に乗り込んだ月音たち
ヒロインの萌香を取り戻すためとはいえ、ここからはバトルモノになるだろうな…
因みにバトルモノでは、“ベルセルク”と同じ復讐劇の“CRAYMORE”の方が好きですw
戦士はある理由で女性ばかりなんですが、綺麗だけどエロさは少ないキャラがいいですね
しかし、敵の首領の朱染玉露、やはり強力な能力を持っていそうですな
アルガード、という悪魔を蘇らそうと企んでるようですが。
萌香とその母アカーシャに関わるお話で、彼女に人生を左右するお話、つまりラストエピソードになる予感…
04

晴れてルンもハーレム候補に!?

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/04)
不明

商品詳細を見る




To LOVEる―とらぶる― ダークネス 2 (ジャンプコミックス)To LOVEる―とらぶる― ダークネス 2 (ジャンプコミックス)
(2011/07/04)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る



>To Loveるダークネス 第9話 「Metamorphose~変わりゆく時…~」

くしゃみをすると双子の男の子、レンに代わってしまうルン
この事から、私はヒロインとしてはイマイチだったのです…だって最中に男に変わったら…
しかし、リトを慕う気持ちは本物のようで切ない気持ちをリトに訴えるのはジンときました
彼女はメタモルフォーゼ星の王女で、ララとは幼馴染なのですが、ララの悪意のない行為にヒドイ目に遭い続けていて、恨みを持ってたりしますw
そこが前作ではトラブルの元のひとつになっていたのですが…
相談したい事があってリトの家の前に来たルン(前号のラストの直の続きですね)
そこで引き下がろうとするルンに楽園(ハーレム)計画もある事でモモはデートのセッティングを…
そこで気になるナナはついて陰ながら見守ることに
リトのデートが気になるナナににんまり顔のモモが良かった(笑)
そして相談とはアイドルは恋をするとか駄目という事で悩んでいたらしい
リトは自分の気持ちを縛ってもつらいだけじゃないか、と
久しぶりにまともに登場の沙姫とお付きの二人
何かだんだん昔のトラブル風景に…
そして見かけた唯もついていくw
体調を悪くしたルンだか…実はメタモルフォーゼ星人は成人になると二つの体が分離するのだという
全裸のルンが抱き着く形になり、ナナと唯が突っ込みをw
そして晴れて一人の女性として、リトにアタックする、と…

モモ的にはハーレム計画への障害がまた一つ取り除かれ、ワクワクな展開にw
04

ミリア、青魔道士へ開眼?!

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/04)
不明

商品詳細を見る



CLAYMORE 20 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 20 (ジャンプコミックス)
(2011/06/03)
八木 教広

商品詳細を見る



>CRAMORE SCENE 116 禁断の三戦士

時間稼ぎのために新作の“深淵喰い”を嗾けた組織だが…
しかし、記憶を共有することにより戦闘経験を熟成していくタイプの深淵喰いは起動して間もない時期では真価は発揮できない(前世代の深淵喰いはプリシラ方面で全滅している)
しかし…ダーエの発案のかつての№.1の三人を蘇えさせる企画が発動、接近に気付かなかったこともあり、全滅か…と
あまりのあっけなさに強すぎると動揺する組織の男たち…
ダーエはまだ終わっていない、と感じていたようだが…タダノマッドサイエンティストかと思っていたけど、戦いが分かるなんて…
そのことが通り、起き上がり“流麗の”ヒステリアと対峙するミリア
博識なミリアさんだが、この突然現れてた三人の高実力者に心当たりは無く、目の前の戦士の訊いてきた「ロクスゥエルの丘」に戦慄を覚える



01

第4回戦、開幕?

セキレイ 11 (ヤングガンガンコミックス)セキレイ 11 (ヤングガンガンコミックス)
(2010/12/25)
極楽院 櫻子

商品詳細を見る



>セキレイ 第117話 第4回戦

今回は表紙とセキレイたちの出る前半が見どころかも。
先生もたまにはメイン以外のセキレイを描きたかったのかな…
結のような巫女系の服ってのは結構多いのかな、鵐もそうだったしね…
しかし、主要キャラの評判良くないな…w
まあ他の雑魚(ヒドイ?)の葦牙やセキレイからすれば分からないではないが…
ゆかりと椎名もおそろいの服でっ…私服?M.B.I製?
しかし…一番の驚きはストレートに皆人がくーと手を繋いで現れた事だろう
これで出会わなかったら…w
真田と香、やはり似た者同士だが、香は少しは考えて行動するからなぁ…
しかし雑魚の葦牙は北斗の拳でユダが敗れた時の配下のように「今は知略の時代じゃないんだぁ~」
と逃走していった的に逃げる(笑)
その意味でも、組んだのは正解か
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。