--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

前クルー(となってしまった)作品レビュー

流石に携帯で打ち込むのは疲れてきた…(・ω・)
腱鞘炎に?(笑)


>true tears
表情や間で感情を表していくのは、あだち充がメジャーなマンガにやった手法だけど、巧くいったのではないかと思う
確かに塩野七生先生のガリア戦記の前書きが無い事についての記述、所詮文章は受け手の理解能力によるから書き手はこれこれこういうものだと説明せざるにいられない、とあったが、人によっては思わせぶりな表情で分かり難い、という評もあったが…
12話で比呂美が乃絵に「あたし達の邪魔しないで」的発言で乃絵に秤が傾いたんじゃ…と思ったんだが…杞憂だった
比呂美はバスケ部でも活躍のスポーツウーマンだが、感情や本心を表さないのは他人の家で育ったという環境からか
まあでもこの内向的で溜まった感情をぶつけるように発する彼女は、女らしいと言えばらしいか
乃絵の方は不思議系だったが、眞一郎とつき合う事になり彼女の魅力が良く表現されていたと思う
愛子は残念ながら1クルーでは眞一郎との関わりを掘り下げる事が出来なかったのだろう、結果的には三代吉に目を向けるようになるので幸せかも
眞一郎の母は比呂美が出ていってから憑き物が落ちたように穏和に(笑)
この辺は昔からの主婦向けのドラマのテーマ、嫁と姑?
父も回を追う毎にキチンと家族を見ていることが明らかになっているし
スレからしたワシにとっては序盤後編位で眞一郎が誰を選ぶのか予想がついたのが残念だけど、まあそれは仕方ないか
こうなるとどう別れるかだけど…ぶっちゃけた話キッパリととかヒドい別れ方の方が相手も踏ん切りがついて次の恋愛に向けられるので結果的に良いんじゃ?とも思うが
ヤッパリ一人の女の手しか取れない訳だしねぇ
自分を変えた女、というか飛べることを教えてくれた女という形ではあったけど眞一郎には大切な…
乃絵の歌を口ずさみながら泣き崩れる眞一郎が印象的
飛龍乱先生もあの格好悪さが変に綺麗に別れるより良かったと書いておられたし
ええしのボンの眞一郎だが、こういうゆっくりと気持ちを固めていく恋愛がらしいのかな、と
でも、芯のとこでは強い性質(こわいたち)の比呂美なので、感情の行き違いとかで苦労するかも(笑)
でも、良かったと思う作品だった
ところで…CMで流れてたtrue tearsのゲームだが、キャラ絵もストーリーとかも違うようだが…


>ロザリオとヴァンパイア
集英→組(笑)の明るい色気とラブコメ攻勢アニメ第1弾
to Loveると第2期という実弾が準備されているというし(笑)
最後の公安委員会のリーダーが池田秀一声とは
やはり、黒幕というイメージなのか(笑)
パンチラと胸ぽよん攻勢は対空砲火のようであったが
曲もキャラ立ちも水樹奈々ありき、か
原作も好調のようだし、同人増えるかな…


>BUS GAME
3話で終わり?
原作コミックス1巻しか出てないらしいが…


>キミが主で…
ギャルゲー販促アニメ?
コンシューマー向けに増えたヒロインも話を作っていたし
ラブコメでもかなりコメディー分多いので…シリアスに話を持って行ってもワシ的にはノレないんだよね
最後のオヤジとの対決とかも…
アニメでのそのシーンの時間取れたの長さから如何にもオヤジがだだっ子だったとしか思え…
一つ分かった事は…自分では鳩は平和の象徴…と言ってる美鳩姉…怖え(?〇?;)(笑)
主人公補正でモテるという連だが…主人を決めなかったな


>AYAKASHI
アヤカシを身につけた者のアヤカシ全てを貪り喰らおうとするオロチの“彼”
二年の間彼の元から離れた妹エイムを裏切り者として断罪しようという姉アキノ
姉妹のアヤカシ、悪路王と阿弖流爲居(アテルイ)は史書にみる蝦夷とか朝廷への反逆の族長なんか…
姉妹の対決だが…エイムは姉に愛しているなら彼を止めるべきだった、と
彼に託された夜叉丸を渡し、託されたエイムは悠の下に
龍のアヤカシの悠は右手を龍にするんだが、何かコブラのサイコガンを彷彿とさせ…いや、肩の部分が龍の口だから正確には違うのだろうが…
そして彼は龍の力を恐れていた、と
アヤカシとの共生と自称していたが、客観的にアヤカシに呑まれてるよね…
対決して食い破る龍のアヤカシ
コレまで呑まれた皆が解放され…
オリエが化け猫で戻って来た?
エイムと和泉は分離されるかな、と期待したが…視力を失って
期待した通りな感じで既視感はあったけどそれなりかな
ところで、調べたら原作ゲームは成人向け?
声優さん達のゲーム版のラインナップからそうかな、と


>BANBOO BLADE
後半から見た作品だが…
今時の女の子が主人公だとスポコンモノもこんな感じか
ヒロインが感情の起伏をあまり表に出さないので何か女子高生として楽しむというより社会復帰してるように感じたのはワシがヒネてるからか(笑)
紀梨乃と鞘子はいいコンビじゃのう(´∀`)ゝ
黒みやがスバらしい!が
犬体質の東とコレもいいコンビ
キャリーとかはライバルというか、剣道じゃ当分勝てなさそう
凛とブレイバー・シナイダーの下りは…スタッフ、ノリ過ぎだろう、と(笑)
特に上段からの片手面は六三四を彷彿とさせ…ライバルの修羅は突きが得意だからこの辺もか?
そして、原作で出てたという凜より強いというライバルがチラッと
…続きがあったら楽しいかな、と
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/102-aa46da72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。