--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

皇帝は陸奥とは戦えないのね…

月刊 少年マガジン 2011年 09月号 [雑誌]月刊 少年マガジン 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/06)
不明

商品詳細を見る



修羅の門 第弐門(2) (月刊マガジンコミックス)修羅の門 第弐門(2) (月刊マガジンコミックス)
(2011/06/17)
川原 正敏

商品詳細を見る



先月は“ふでかげ”だけで休載でした
私はこっちを見たい

>修羅の門 第弐門 第十話

自らを石ころと言い、しかし人としての意地を見せた毅波英明
どうやら圓明流を習い人を越えるような修行をしてきたらしいが、圓明流をマスターするには天賦の才が要るようだ
大阪支部で見ていた木村は自分は陸奥と戦って憧れたが、毅波は戦う相手として向かっていったことが凄い、と拍手を送る
そして、会場や周りでは陸奥の次の相手が取りただされ始めた
やはり“兵(つわもの)”でのトップ、“皇帝”では…と。
大晦日のイベント、ファイナルは皇帝の試合
相手は新進気鋭の台湾の大型選手
…結構、リアルの格闘技世界をモデルにしていたりしていたが、台湾、か…
えげつないくらい冷静にフィジカルを生かした戦いをする皇帝、だったが、敗れた
次の相手はその選手か

…舞子は相変わらず健気
私としては(勝負は見えてるが)金髪の大富豪の娘、再登場しないかなぁ…
まあ、歴代陸奥を見てると一途だからなぁ…早い者勝ちか?!wと
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/1028-f0452a68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。