--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08

気になるニュースを

ネットや日曜のニュースを


<大規模油田>メキシコ湾で発見、と丸紅発表
2008年04月04日19時11分

 丸紅は4日、米国子会社と英石油大手BPなどの企業連合が、メキシコ湾で大規模油田を発見したと発表した。原油埋蔵量は地域最大級の約5億バレルとみられ、丸紅が06年3月、メキシコ湾沿岸部約900キロの権益を1360億円で取得していたが、油田の発見は初めて。






エネルギー確保の問題に関心があり、国策としては聞かないけど、民間の資源獲得展開について
他にも、イギリスで国際石油開発帝石ホールディングスが、マレーシアで新日石と新日鉱ホールディングスの子会社のJエナジーが採鉱鉱区の権益を買ったりとか色々やってるのねぇ…と
まあ、海上輸送に依存している現状は変わらないのでその際重要海域の一つの台湾の問題や中国海軍の増強など潜在的脅威が増している気がするし
サハリン2のパイプラインとかはどうなるのかなぁ
ロシアからのエネルギー供給を当てにするのは彼の国の国家資源戦略から危険は否めないけど選択肢は多い方がいいんじゃないかなぁと考えるのだが
また、ブラジル国営ペトロブラスが東燃の子会社の南西石油を買収、原油精製して日本や東アジアでの販売事業を展開するとか
また、バイオエタノール事業を展開する予定もある、と
でも、ガソリン混合物は官庁の主張するのと石油業界の主張するのと様式が違っていてもめてなかったっけ?
こちらにもいずれ外圧が掛かるのだろうか…


>米露首脳会談
前に書いたウクライナ グルジアのNATO加盟や東欧のポーランド チェコへのミサイル防衛計画による配備を見合わせたり、NATO内の有力国のフランス ドイツのロシアへの配慮から反対もあり何一つ決まらなかったが
ブッシュも外交的大きな成果を挙げそこなった、と
ウクライナの加盟は黒海の制海権失うことになるし、ロシア計画のBluestreamにもロシアには保安上の懸念が生じるだろうしなぁ
東欧へのMD配備はアメリカ的には進めたいと思っていると思うが…


>G8開発大臣会議
高村外相はこれ以上のODAの減額に歯止めを掛けると言ったらしいが…
どこに財源と国民の同意が得られる要因があるかなぁ、と
また、穀物市場での価格高騰を受けて、食料価格が1%上昇すると1600万人が餓死の危険に晒される、という事で
価格高騰に歯止めを掛けるような同意を得られたが、具体的に何をするとかは…


>ミャンマーの民主化シンポジウム
日本で開催され意見交換…
中国は開発とか援助を行ってるんだったよなぁ
スーダン、ミャンマー、そしてチベット 新彊ウイグル両自治区…
やはり人権蹂躙支援国家?


>北朝鮮の韓国への揺さぶり
李明博(イミョンバク)大統領の保守勢力になり、太陽政策も方向を転換したことにより、批判と揺さぶりを…
逆徒とは彼らの主張する朝鮮民族に徒なす輩という意味らしいが…
どっちのことなんだか(笑)
北朝鮮にとっては国民の生活が健康で文化的であるのかは関係ないのかのう


>イラクのマフディ軍

サドル師の民兵組織「シーア派権威が解体命じれば従う」

4月8日10時36分配信 読売新聞
 【カイロ=加藤賢治】ロイター通信によると、イラク治安部隊と対立するイスラム教シーア派強硬指導者ムクタダ?サドル師の側近は7日、傘下の民兵組織「マフディ軍」について、「シーア派の権威が解体を命じれば従う」と述べた。
 マリキ首相は、マフディ軍を解体しなければ、10月予定の地方選にサドル師派の参加を認めない方針を示している。側近は、サドル師は同派最高権威のシスタニ師やイランのシーア派法学者に見解を仰ぎ、その判断に従うと述べた。
 ただ、サドル師の報道官は7日、見解を求める予定はないとしており、サドル師の真意は不明なままだ。




政府の統治能力を示す為マリキ政権が武装解除を目指して強攻策に出たが…
周知の通り、米軍への支援要請をしたが、実力による目標達成には至らず
サドル師とマフディ軍の実力見せつけた形になったが
マフディ軍の民兵は五万人ともいわれているそうだが
サドルシティー等の貧困地区などで施し(イスラムの行の一つだそうだが)で支持者を今も集めているようだ
引くに引けないのでマリキ政権は議会参加は武装解除が条件として挙げていた
ので、国内のシーア派へのメッセージなのだろうか、と


>スリランカのテロ
LTTE(タミル イーラム 解放の虎)がスリランカの首都、コロンボでマラソンの開会式に爆弾テロを
停戦交渉したんじゃ?
まあ、意見の不一致で過激派が行動、というのは有り得ると思うが
そういえば日本では無許可の養蜂家の蜜蜂がマラソンランナーを刺す、というのがあったな…


>北アイルランド
ベルリンの壁は壊れたが、ヨルダン川西岸の壁とかベルファウストの分断の壁は増えつつある、と始まったレポートだったが…
17Cにイギリスが侵攻して、プロテスタント教徒の勝利を記念したお祭りをやっていたが…
カトリックにはどう映るのか
長年被支配民として差別され、'68から公民権運動として運動がはじまり、IRAがテロ行為を始めて泥沼の闘争になって…
'98に和平合意に至ったというが…
今でも壁を通して投石とか喧嘩がよく起こったりとか
一応地域社会の交流で子供達のプロテスタントとカトリックの融和が図られている活動を紹介
こちらはコソボやバスクよりはまだ落ち着いているのかなぁ


>ミッドウェー
太平洋戦争で激戦が行われた…日本側の攻勢が覆った戦いでもあるが、太平洋の真ん中で鳥の楽園として名高いらしいが、近年漂流してくるゴミ、特にプラスチックゴミを親鳥が雛に与えて死ぬ例が増えているという
環境保護団体を名乗る海犬も自前の船で網で清掃した方がよっぽど環境に貢献するんじゃないかと
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/105-3d8325fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。