--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19

う~ん、やはり戦のシーンは圧巻でしたな

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [DVD]ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [DVD]
()
不明

商品詳細を見る



土曜日に観に行ってきました。
その前にNHKのMAGネットという番組で特集やってたので見てたのですが、流石にCGに力を入れて西洋剣術や中世欧州の戦について調べただけあって良かったですなぁ
実は昔の『剣風戦記ベルセルク』は観て無かったんですよw
ただ、キャラの表情はCGの人物と手書きの表情を融合させた、と言ってたのですが、どこか違和感感じるシーンもちくとありましたなぁ
見せ場はガッツのバズーソとの一騎打ちと、“不死(ノスフェラトゥ)の”ゾット登場、でしょうかw
王弟ユリウス伯とその嫡子アドニスの暗殺(息子はたまたまそこに来たからですが)とかはグリフィいごとのじっかんスの為になる事には疑問を抱かなかったガッツが少年が事切れるまでの間の痙攣とかの描写に子供を手に掛けて罪悪感を感じたり暗殺という汚れ仕事の現実を見た様が良かったし、王女とに夢を語るグリフィス、とその“友人”の定義に愕然とし後に“対等の友人”になろうと決意するシーンは好きなシーンでもありますね
その分、原作ではここまでにあったガッツの生い立ちと過去については漠然としたものでしたがね
まあこのお話しはやはりガッツとグリフィスの物語ですからな…
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/1070-06a2b44f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。