--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

ヤングなでしこ、ドイツに完敗

カンピオーネ! 6 神山飛鳳 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 6 神山飛鳳 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/03/25)
丈月 城

商品詳細を見る


<´12/9/4>


ヤングなでしこ完敗も… 陽子「泣いている場合じゃない」

2012年9月5日 紙面から
涙の田中美南


ドイツに敗れ涙を流す田中美(左)の肩を抱いて支える田中陽=国立競技場で(由木直子撮影)

◇U-20女子W杯<第9日>日本0-3ドイツ


 ▽4日、国立▽準決勝2試合

 U-20女子日本代表「ヤングなでしこ」は、2連覇を狙うドイツに0-3で完敗し、初の決勝進出はならなかった。試合開始わずか58秒で痛恨の先制点を許し、さらに前半に2点を奪われる最悪の展開。観衆2万8306人の声援を受け、後半は猛反撃を仕掛けたが、今大会無失点を誇るドイツの堅守を突き崩せなかった。8日の3位決定戦では、米国に敗れたナイジェリアと対戦する。

 この世代初の女王戴冠の夢がついえても、涙は見せなかった。「きょうは自分のプレーができなさすぎた。泣いている場合じゃない。次は本当に…。これで終わりじゃない」。0-3の敗戦から数十分後、田中陽は気持ちを切り替え、前を向いた。

 映像と現実は違った。わずか58秒での失点。1点を返そうと攻勢を仕掛ける前に、失点を重ねた。体を寄せると、手足で突っつかれた。3人に囲まれ、ボールを失う。わずかなことでバランスが狂い、チームメートとの距離は離れていった。

 「リスクを冒すところで、前に出られなかった」

 後半16分で交代を告げられ、連続試合得点は4で止まった。試合後には、「自分の責任」とピッチに崩れ落ちたDF土光に声を掛けた。「それは違う。全員それぞれがやっていないことがあった。1人のせいじゃない」。チーム最年少の16歳を優しくいたわった。

 田中陽はいつも心掛けていることがある。「いつも笑顔で、楽しく」。ポジティブに考えると、「心が安らぐ」という。試合後には、春先の故障で今大会出場が絶望となった同い年のFW京川舞(INAC神戸)と会い、「次、頑張れ」と言われて、気持ちがほぐれた。

 3位決定戦のナイジェリア戦に向け、心のスイッチを入れ直した。「足が速いし、怖いイメージはあるけど、空いたスペースを使っていきたい」。勝てば3位で銅メダル、再びゴールを挙げれば、得点女王の座に就く可能性もある。「得点王のチャンスはある。チームのために点を取りたい。どんどん、貪欲に狙っていく」。決戦は8日。ヤングなでしこのラストゲームで、田中陽はきっと輝きを取り戻す。 (関陽一郎)



ヤングなでしこ、ドイツに3失点完敗 3位決定戦へ

日本―ドイツ 前半、CKからロッツェン(右端)にヘディングで3点目のゴールを許す日本イレブン
ダメ押しの3点目―ロッツェン


 ◆U―20女子W杯 ▽準決勝 日本0―3ドイツ(4日・国立競技場) 初の決勝進出を目指すヤングなでしこ20+ 件は、大会2連覇を狙うドイツに挑んだが、相手の圧倒的な攻撃力の前に序盤で3点を失い、0―3と完敗。もう1試合は米国が2―0で前回準優勝のナイジェリアを下したため、日本はナイジェリアとの3位決定戦に回ることになった。

 準々決勝の韓国戦とまったく同じ先発メンバーで、現在全試合で得点している絶好調のMF田中陽子(19)=INAC神戸=、韓国戦で2得点したMF柴田華絵(20)=浦和=、MF猶本光(18)=浦和=らが名を連ねたヤングなでしこ20+ 件だが、キックオフ直後の前半1分、ドイツは右からのスルーパスに抜け出したMFロイポルツにゴール左へ流し込まれて早くも先制を許した。同13分には右サイドからの浮き球に走り込んだドイツFWマロジャンに、右足でGKの頭をフワリと越す技ありのゴールを決められ、さらに同19分には右CKからFWロッツェンに鮮やかに頭で合わせられてたて続けに失点した。

 後半に入り、積極的に出てこなくなったドイツに対し、日本も持ち前の細かいパスワークから再三ドイツ陣内に攻め込んだが、フィジカルで勝る相手の守備を崩しきれず。柴田、田中陽と交代出場した道上彩花(18)=常盤木学園高=らが再三シュートを放ったが、ゴールを割れずに終わった。

 吉田弘・U―20女子日本監督「高さ、パワーのところで3点取られてしまった。リズムに乗る前に失点してしまったのが大きかった。(次は)最初から自分たちのリズムで、自分たちのゲームができればいいなと思う」

 MF田中陽子「(ドイツは)フィジカルが強く、テクニックがあった。自分たちは焦らずプレーしようとしていた。起点になっていなかったので次からしっかりしたい。まだメダルを取るチャンスはある」

 MF猶本光「前半はドイツのパワーとスピードに慣れ切れず、その間に3点取られてしまった。後半は日本らしいサッカーが少しはできたと思う。目標は優勝だったので悔しいが、まだ3位決定戦があるので全力を尽くしたい」

 マイネルト・U―20女子ドイツ監督「この勝利はうれしい。1分でゴールを決められたのはラッキーだった。試合を通じてタフに動いていたし、よかった。無失点記録を伸ばせたのもよかった」

 ◆日本女子代表スタメン
▽GK 池田咲紀子(19)=浦和=
▽DF 木下栞(20)=日テレ=、土光真代(16)=日テレ=、浜田遥(19)=大阪高槻=、高木ひかり(19)=早大=
▽MF 藤田のぞみ(20)=浦和=、猶本光(18)=浦和=、柴田華絵(20)=浦和=、田中陽子(19)=INAC神戸=
▽FW 西川明花(20)=FC高梁吉備国際大=、田中美南(18)=日テレ=



前半開始早々の失点で動揺したまま、次々と失点を重ねちゃった…若さ・経験不足が如実に出た形ですなぁ
解説者の言うように、テクニックでは負けていない、が、ボールの競り合いでフィジカルを使われて押し負けている
田中(陽)や(美)達が突破してユニフォームを掴んでファール、というシーンは何度か見受けられたので
勿論、欧米のチームらしく日本を研究していて、ストロングポイントをしっかり打ち消していた戦術の勝利もある
中盤での速いボール奪還と周りのパスコースの経ち切り、ドリブル突破のフォローに来たところの長いボール出し…
ゴール前でのヘディングに対するマーク不足と、身体を当ててフリーに打たせない、というフル代表のなでしこでやっていたことが出来なかった
が、予選でアメリカを相手に3-0と完封しているので、実力は抜きんでているのだろう

本当に次は切り替えて欲しい、ナイジェリアも強いと思うので
もっと言えば、将来彼女たちがフル代表に選ばれた時、この悔しさと経験が役に立ってくっればいいな、と思う
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/1092-74e2307e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。