--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

海外ネタ その十

>大きなニュースだと…
microsoft、Yahoo!買収を断念、とか、胡錦濤の訪日とかが…
チベットとの非公式協議とか日中協力とかパンダ外交とか語られていたが…
迂遠な表現ではあるが、これまでの中国の主張?外交戦略を貫く、としか聞こえなかった気もする


>アフリカ開発会議
横浜でアフリカの展示場をやっているとかで
外務省はサミットに次ぐ重要な国際会議として位置づけているようだが、イマイチ衆知度は…
食料を直接援助するFWP(国連世界食料計画)に穀物買い付けの資金を援助したりといった活動は現地のアフリカ人にも衆知度は高いが、井戸を掘ったり農業指導は衆知度が低いようだ
丸氏に聞いたら、アフリカの米作は主に陸稲で、なおかつ人件費が安い筈なのに価格が高く国際競争力が無いとか
可能な地域なら水稲にして水資源と耕地の有効利用を図るべきと思うが…厳しいかな?
でも、水田は連作の効く利点の多い農耕法だとは思うのだが…
素人なのでアフリカでの問題点には気づかない…誰かご教授を
水の確保と、日本での弥生時代の遺跡を見ると水田の維持?管理の為に集団での管理が必須、という事位は考えたけど。
アメリカはブッシュがFWPへの買い付け資金の援助を決めたが、国内からバイオエタノールの原料として穀物使用を減らすべきとか色々な批判が
当然か…┐(´~`)┌
農家やバイオエタノール会社が批判の槍玉に


>中国の資源外交
スーダンでのレポート
まず、スーダンは北部のムスリム地域と南部の部族社会地域とに文化が分かれていて、植民地時代には南部を切り捨て北部にばかり投資して開発を進めていたという
首都のハルツームでは携帯電話が普及しているのに対し、南部のシュバでは前近代的農村社会で井戸を掘る資金も技術も無く、溜まった雨水を飲んでいる有様で…
そのムスリム住民とアフリカ系の住民との内戦で政府が虐殺に手を貸している、と欧米が制裁をして孤立化したところに資源が欲しい中国と利害が一致して支援をしている、と
多くの箱物を建て、CNPC(中国石油集団)が製油採掘とパイプラインを建設して中国へ原油を輸出、ナイル川の巨大なダム工事にムスリム国以外で唯一出資、労働者まで送り込んで支援している
中国としては資金?技術者の他に、失業率の高い東北部の人達を2年契約で送り込んでいるとか
政府としては国内失業問題も解決出来る一石三鳥の政策という
尤も、欧米のような批判の他にスーダン国内からも中国は建設などの請負も自分達で行い、お金を落とさず資源を根こそぎ持っていく、という物もあるらしい
これはスーダンの国民感情を刺激しかねないが、経済界とか官僚のエリートのみが持っているのかな?
中国人が多く滞在すれば現地の国民と軋轢が生じる筈で、中国人がどうとかじゃなく人間社会の必然として、国民の対中感情はこれからどうなるかは…
同じやり方で、ナイジェリア アンゴラ ジンバブエにも支援を行っているという
尤も、中国のアフリカ外交は'69の周恩来のアフリカ十カ国歴訪から始まったとはいうが…
日本はこのような資源外交はついてくる企業が名乗り出なければ展開出来ないという
リスクを嫌う日本企業には敢えて虎穴に入るガッツは無いんじゃ、という解説だった


>アメリカのシリア核拡散の情報公開
去年のイスラエルのシリア核施設への空爆後、アメリカ下院で情報について公表を要求していたらしい
当時六ヶ国協議をまとめる時期だったので公開を拒否したそうだが
だが、再び国内対北朝鮮強硬派が勢いを強め、合意を得られた今北朝鮮が反発しない程度の“証拠提示”をしたという
このような核技術やミサイル技術などは、外貨を稼ぐ為の将軍様の直轄機関、朝鮮労働党99号室が行っているという


>鳥インフルエンザ
毒性の高いH5N1型ウィルスが秋田県の十和田湖畔や北海道でも見つかった
発生しているのはアフリカの大部分の国や世界的に広範囲に渡っている
東?東南アジア域で感染して出た死亡者は、インドネシア108 ベトナム52 中国20 タイ18 と
韓国でも発生して、その地域から出る車を消毒したり、役所の食堂のメニューに風評被害で落ち込んでる鳥の消費を安全性を訴え活性化する為に曜日を決めて鳥料理に絞ったりとかしていた
サムゲタンは美味いけどそんなに頻繁に食べるのは…(-_-;)
人に感染するタイプのワクチンを開発するのも大事だろうが、突然変異が発生する可能性は常にある、と
抗生物質に抵抗力があるタイプとか…


>スペインのカジノ計画
乾燥地帯の寒村にフランスのカジノ会社が建設を計画しているとか
しかし、環境保護団体が生態系の破壊を理由に挙げて反対していた
地元民の過半数は雇用が生まれるから是、ということらしいが


>メキシコ オアルカでの火の玉ホッケー
伝統競技で、木のボールに火を着け木のスティックでやる競技とか
自分でやる気にはならんけど、見るのは面白そう…


>英 与党大敗
ブラウン首相率いる与党労働党が負けたとか
イギリスのここ最近の日本で報道された大きなニュースは聖火リレーでの抗議だったが
スペインでもイラク戦争を支持した元首相はファシスト!とまで非難されてるそうで
親米国の政治も大きく変わって…


続きはTえもん氏の拍手コメントへのレス
>にしん。東北人としてはどうしても身欠けニシン?の煮付けがちらついて。骨が多くて嫌いなのよ。まあ、最臭兵器シュールストローミングの材料だったような気もするし、個人的にあまりお目にかかりたくはない。

あー、確かに身欠け鰊の煮付けやら昆布巻き鰊とかからかい(棒タラ?)の煮付けとか苦手かも
っていうか、ワシは魚は煮つけより焼き魚の方が好きなんよね
煮魚は汁に美味いとこみんな逃げてる気がして
身欠け鰊はおやつ代わりに炙ったのをかじってた
骨ごとバリバリと
牛乳も一緒ならカルシュウム沢山…ってラクトース少ないのか牛乳は下痢の可能性あるけど…(=ω=.)
最上地方じゃ花見や芋煮にカド焼き(地方で、生はカド、保存の効く加工品がニシン)やるし、結構馴染みで…
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/135-02fde407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。