--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21

台風の影響の風で

ツツジも終わりか…
まとまって咲いてると結構薫って楽しめたが


>ケンイチ
遂に目当ての闇の剣士、紀伊陽炎と対峙したしぐれ
ボクを覚えていないか?ってあの少年のようななりでは…
しぐれの刀、は今のよりはシックリ来ないだろうから愛人として持っているのも良かろう、と
一方しぐれは友(餌付けしてたツバメ)の仇故に人は斬らないと誓っていたが斬る、と
でも殺らないんだよね?
闘忠丸(今の友のネズミ)はしぐれから降りて正座を(笑)
弟子であるケンイチもそれに倣って(笑)
が、自分が紀伊陽炎の制空圏(殺傷範囲)内にいることに気づく
“鍔鳴り”の二つ名の通り抜いた音が聞こえる頃には既に斬っている居合い…
強いからカッコいいけど端から見るとカチャカチャ忙しないところが…(^o^;)
RQグローランサのキャンペーンでもランドオブニンジャの気や居合いの技能を採用した侍、恭四朗が抜いた刀を再び収めている様が微笑ましく思ったのを思い出す…
ともあれ、雑魚で“武器の申し子”の腕の程を確かめたのだが大した事はない、との打ち込み
悉く受け流し、反撃の一撃
そうか、手の内を隠していたか、と興に乗る陽炎
更に居合いの速度と回数を上げ…
、とこの辺からノリが…
フォルトナもそうだったのだが、みんな何で明るいアヤシいノリに…
陽炎も人斬りの部分を除くと案外ジークと仲良くなれるんじゃ…
更に剣戟は加熱して場所が変わっていく…
二足直立走行で見届けるべく走る闘忠丸
ケンイチも続かなきゃ!(笑)
ところでこのシーン、第2期アニメ化されたら能登さんが慌てた声の様子を見せずに(今週はそんな感じを受けなかったので)緊迫感を表現出来るか心配…


>スクラン
いまだに続くシリアスシーン
バカな!スクランは×ラブコメ→ギャグのはずだぁ!(笑)
ナカムラに案内され、烏丸のいる病院へ着いた天満
日本では美琴や沢近さんがお話を
美琴が酔って(コーラで(笑))いた時に烏丸の病状について話してたのを聞いた、と
八雲には話したようだが
曰く、女の子は愛されたいものだから、返してくれない人を想い続けるのは天満には似合わない、と
確かに話し掛けても烏丸には天満が誰だかも分からないし、当然天満が大切に想っていた思い出も分かる訳もなく…
滂沱の涙の天満…×オチ→奇跡はあるのか…(ノД`)


>はじめの一歩
スパーリングの後、千堂を放って置いて昔戦った宮田父と話しこむ千堂のトレーナーの柳岡
昔、柳岡が日本ランカーだった頃対戦して宮田父にカウンターで負けたらしい
それ以降、いや試合中カウンターを決められながら世界に届く才能は違うなぁ…と憧れになったという
宮田父も今の一郎の相手の左右スイッチボクサーにやられたと
当時はラッキーパンチにやられた、と思っていたが、読まれてスタイルを変えられて合わされていた、と
意気投合して二人で痛飲しているのはいいが…
千堂は一歩の好意で飯と宿を提供される…板垣曰く、負け虎…(-_-;)


>零
鏖の魔女の館で、一番怖いのが助かりたい為に自分の意見や主張で混乱し仲間割れ状態に成ること…
単純明快な零の計算方式に疑念を抱く者達が次々に現れ、自分の正解と思う回答を主張していく…
しかし、まとめ役をかって出た一人が命は全て零に預ける約束だろ、と
この辺の人間の欲や迷いといった心理を描写するのが上手いのが流石福本伸行先生、か
シェークスピアや芥川(一例は蜘蛛の糸とか)は確かに名作としてあるし、人間の弱さや醜さを描いたからといってその作品が低い評価を受ける訳ではないし
計算が終わり、他と答え合わせをして満を持して入力した数字二つ…壁の槍人形は止まらない!
これでパニックに陥った約22人…
さて、零はパニックを収め、また正解を導き出すことが出来るか…
まずは誰かが勝手に最後の一回の数字の入力をさせないことだが…
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/155-d2ce795d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。