--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27

夏へ向かう暑さ?

今日はかなり晴れて気温が上がった感じで
今日は隔週のレビューしている作品のある雑誌が二つ出たがヤングアニマルのは二つとも休載…┐(´ー`)┌


>蒼天の拳
今までは闘気を使っても体の中か或いは外でも一寸内くらいに影響を与えるくらいだったのに周りの石やら動かせるなんて人じゃなくなりつつあるな
ワシの記憶ではそういう描写では修羅の国の羅将ハンとの対決か…って北斗琉拳=北斗劉家拳か!
兄弟子泰峰の挑戦は勝負はやはり顔で決まっていたか…ガキの拳志郎にいいように舞を決められるとは…(ノД`)
名前に中国四山の名が付いているのに…だからか!泰峰→泰山だよね?
北斗の拳の世界では泰山流はヤラレ役…
泰山天狼拳のリュウガでも乱世の既決や宿命は見据えたかも知れんが、拳法家としては為し遂げたことは…
×ガキ→童子の時の子鬼の舞が死神の舞に昇華したか見せてもらおう、と
この辺の台詞回しも大事だよね、漢の物語では
それを見守るヤサカは月氏の神に北斗抹殺が成就する、と語りかける
そこへ北斗曹家拳伝承者張大炎登場!
月氏の怨み、西斗月拳の無念を晴らすのが北斗を冠する拳の根絶ならば標的なわけだが
大炎は自身の工夫の爆龍陽炎突と×飛廉脚→幻夢百奇脚の他に本来の剛の拳だという曹家拳をマスターしたのだろうか…
未だ見ぬ奥義が見れるなら大炎VSヤサカはおもしろくなろうが
…雉も鳴かずば撃たれまい、にならなけりゃいいが(=ω=.)


>トキ外伝
遂に“その時”が来てしまったわけで…
意識が朦朧としている中、死の灰を雪と誤認して…(ノД`)
しかし、原爆写真展などから比べるとまだきれいな…
熱線を浴びた人とか酷い事になってるし…
このトキの姿を見て涙していたが…子供用のハンモックとか作って入れてやるべきだったんじゃ…
空気循環器とか水の問題だった?でも、原作だとスペースの余剰が無かったという問題だったような…
とにかく、この核の灰自体では死兆星が落ちなかったが、伝承者としては肉体的資格を失い、覚悟が決まったようだ
更に、ジャギ様、ラオウの道場を出ていく夜の場面に…
ジャギ様のお顔が!
あんなに険の無い、爽やかなお顔なら性格や拳法の才能を置けば伝承者に指名しても遜色はないんじゃ…(^_^;)リュウケン師父
汗臭くなく、スバらしいお顔で
最後の別れの言葉のくみ交わしで、兄を止めるという約束を思い出し、それに生きる覚悟が出来たようだ
…でもカサンドラの牢獄の中だし


>医龍
心臓に爆弾を抱え、将棋の駒王将が成るとしたら天と書き入れ、“天”に成ろうとする野口教授だが
冒頭、木原が「野口教授ご乱心~!」と医局へ入場
何かこの辺のノリが何故か今再放送中のドラマ医龍2の木原に通ずるモノが…
何でも野口が医局の膿を出す、と称して医局の不祥事を告発した、と
道元、露木は元野口の忠実な番犬と言われていたのに…今や国立派 霧島派に…
しかも、派閥に関係なく何年も前の事件を表沙汰にしたりマスコミにはモテるかも知れんが、学内では…
この後野口の打てる手としては予備選の後の教授会での決戦投票での評決を握ってそれを題材に取り引きすべきだと思うのだが
自分の胸部心臓外科医局員から孤立する策をとったのは如何なる策からなのか…
霧島には『騏驥も老いては駑馬に劣る』、とまで思われたし
彼も今や野口に味方の居ない現状では野口の影響化にあると思われるのは損、と野口の納会と同日同刻に自分の納会をやることに決める
同じく、加藤ちゃんも国立もそのように納会を…
その日まで医局では誰がどの納会に出席するか気になる様子でお互いさぐり合ったりという空気で
当日…野口は一人で会場に入り、誰も来ないからもう始めてくれ、と仲居に
一人杯を掲げるその姿は、木原が眼鏡を取りに行かずに取り残されてワシが個人的な印象として抱いた老人の孤独死を想起させ…でも、そうなることを知っていた故に清々しい笑顔だったが
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/201-386606aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。