--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15

初氷が観測された

デカい水たまり一面に薄氷が張っていた
車輪でバリバリ破る…

>BLEACH 338
アヨンの心臓に一撃を与えた山本総隊長
この攻撃は突きなのか鬼道だったのか…
総隊長を前に出して情けない隊員じゃ、との言葉に頭を下げるイズルに、そんな暇があったらよく見ろって…
如何させたいの?イビリ?(笑)
しかし、心臓(あるなら)を貫通されても吠え猛り、ダメージの無いかのように襲いかかってくるアヨン
アップで吠え猛る様が、偶然今週号感想の載せようと思っていたコミックの絵のマユリ様に似ている気が…
アヨンを見たら研究資料として欲しがりそう、マユリ様(笑)
流刃若火、一、撫斬(なでぎり)…真っ二つに縦に斬られるが
しかし、未だ立ち上がって…お前のような哀れな獣を斬るのは気が乗らぬ、とか何とか
小童、といいつつ一閃
一焼に付す!という煽り文句が(笑)
普通、鼻で笑う、とかの意だよね、一笑に付す


BLEACH 35 (35) (ジャンプコミックス)BLEACH 35 (35) (ジャンプコミックス)
(2008/10/03)
久保 帯人

商品詳細を見る



>家庭教師ヒットマン りぼーん 標的(ターゲット) 222 Belphegor(ベル)と Rasiel(ジル)
死んだ(ベルが殺した)筈の兄が六弔花として対峙したベルとフラン
お互いにけなし合いを始めそうな兄弟に、フランは目当ての六弔花はこちら(南)に来たと報告
ハズレかぁ、と憤るスクアーロだが、東側の侵攻部隊を一人で相手しているようだ
この辺は日本の十年後の雲雀の役割?
レヴィをサポートに回すように指令を下す
彼の匣兵器は、雷エイ(トルペディネ フルーミネ)!飛んで移動出来るのが良いねぇ
サッカーチーム、フルミネンセが雷だったから、トルペディネがエイって意味?
そういやシビレエイとか電気を発するのがいたっけか
そしてルッスーリアには…負傷者の治療など後方支援を
うーん、ボンゴレファミリーなのに“晴は引いて照らすが徳”を行っているような(笑)
匣兵器の性質とか考えて極めて常道に見える作戦…真に強ければ奇策など要らぬ、訳ではあるが
寧ろ大将と副官で突入して来たジルの方が強引というか大胆というか…
自らをタガネとして相手をキレイに割れる、との自負か?
常法だと包囲陣の一部を手薄にしてそこを突破したところに伏兵、という手が
完全包囲されれば死に物狂いで戦うので、逃げ道を作り、助かるかもという戦意より逃走に気を回させる事で強い抗戦を生まれさせないということだけど
無能なのと暗殺された前指揮官のブラックスペルの部隊(第何部隊だろ?)に人はいないのか…
ブラックスペルはジッリョネロの時代にそれぞれのマーレリングの保持者が居た筈で
少なくとも、晴?雨?嵐が…
嵐が太猿だった?
そういやジルはホワイトスペルの何部隊なのか…
ベルの性格とあまり変わらんとすると部下には期待しないか、当てにしないかな?
ともあれ、久しぶりの再会で兄弟の久闊を叙する二人(笑)
確かに殺して埋めた筈…のベルに体の傷を見せて兄だと主張するジル
まあ、怨みがあるだろうしねぇ
その日は朝食に下剤を盛って永遠に決着をつけた…とか
ヒドいとのフランの言葉に、前の日ミミズ入り泥団子を食わされた仕返し、と
ジルはあのお方の力により守られている、とか白蘭の力をほのめかすが…
天才の兄の俺には何一つ及ばないベル、と見下すジル
双子の因縁から直接対決に…必然ゴツい執事のオルゲルトとフランの対決に
咬ませ犬の前座が無いので口げんかではジル達の強さがイマイチ感じられない…まさかボスのザンザスの所まで辿り着くかな?ジル
それならスゲェ!が
フランはポッケをゴソゴソ探って出したヘルリング…骸が二つ、幻騎士とフランで一つずつ、四つの所有者が明らかに
他にも何か持ってそうな感じで、この辺でいいか…とか言ってたし
匣も複数持ってそうやね
第8部隊の副隊長のジンジャーみたいなタレントとか元々のボンゴレ反攻を待ち伏せていた部隊の中から強者とか…居れば、二組が戦っている間に南から突入も可能な筈やし
家光ら門外顧問とか、白蘭の本拠とか、イタリアでも気になる事が色々…
しかし…マーレリングと精製度2ランク以上差があると幻騎士と雲雀のように勝てないことが示されているからなぁ…ベルに勝機あるのかな…


家庭教師ヒットマンREBORN! (22) (ジャンプ?コミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! (22) (ジャンプ?コミックス)
(2008/11/04)
天野 明

商品詳細を見る



>To Loveる 129 花粉伝心
今回は、まうまうーの回?(笑)
庭のララの贈り物の花、セリーヌから生まれた幼女
まさに植物人間(笑)
冒頭は猫の気を引こうとしたがふられた小手川
典型的なツンデレキャラの対応がいい(笑)

セリーヌを連れて散歩に来ていたリトと会った唯
連れ立って歩くと通りがかったおばさんが夫婦と子供、と…アセる唯
知らぬ間に何処かへ行き、店でコーラを飲んでいたセリーヌ
二人で謝り、お金を払うと、酔ったような感じになったセリーヌ
花粉を放出するとリトを好き好き状態に(笑)
天条院一行や通りすがり、校長まで(-_-;)
モモにもセリーヌに関してはよく分からぬようだが、花粉にリトを好きな感情が乗ったのだろう、との事


To LOVEる-とらぶる 11 (11) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 11 (11) (ジャンプコミックス)
(2008/10/03)
矢吹 健太朗長谷見 紗貴

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/219-abc7f3c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。