--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01

共和党も広告塔を

>シュワちゃんマケイン候補を応援
カリフォルニアの大票田を獲得を目論んでの事らしいが
絵では後ろにジュリアーニ氏が(ノД`)
なんか、軍門に下ったって感じで哀愁が
彼は旧日本海軍がミッドウェーでアリューシャンに囮部隊を派遣して釣ろうとしたが暗号解読されて釣れなかったような哀しみが…
アメリカなので南北戦争の故事が相応しいのだろうがうろ覚えで、南軍の失態
ともかくこれで民主党のケネディ家、共和党のシュワちゃん…
前者の方が人気は上かな?



>農薬冷凍食品
中国政府や輸入元のJT等が現地で調査を始めたらしい
原因究明は勿論シッカリやって欲しいが…
少し穿った見方をすると、真実を報道するかは…
スケープゴートを出し、個人的な怨恨や愛憎等が原因でやったというのが中国政府にとって最も望ましい真実かも
日本人に使われていたから、とか反日感情からの犯行は外交的,国民感情的に一石を投じる事になろうし、工場の管理体制の問題というのも中国国内での一流企業でこの体たらくであるとか、禁止されてる薬品が簡単に大量に手に入るという現状は当局の管理体制の不備を指摘されようし
向こうでは人民日報で短い記事で伝えられただけで、新華社通信や中央テレビでは報道されていないという
ネットでは反日的書き込みもあり、また日本のマスコミが反中的な報道をしている、とか、日本人は虚弱体質だ、とかいうのもあるらしい
流石は針治療に畳針のようなのでツボを刺激する療法のある国だ
まあ、日本でも小太刀や小柄でツボを叩いて刺激するやり方もあるけど
野菜を洗剤で洗いよく加熱して食べるのが常識らしいので、野菜に農薬がついているのは中国人の常識なのだろうな
しかし…また考えてしまうと、農薬の過剰散布と化学肥料の過剰使用による土壌汚染、農業用水などから家庭での野菜洗浄による沿岸の汚染も…
工場排水によるものもあろうし、中国近海の水質は…(-_-;)
魚介類も何気に危険?
コメントに都知事を持って来るあたりマスコミも自分の都合の良い情報を収集するよね…
食糧自給率が40%代の日本で中国からの輸入は必要不可欠だろうが…
生食野菜や今回のように中国で生産した食糧品については表示があるけれど加工食品の原材料として生産された品物には中国製の原料を使ったという表示義務は無いし…
検疫による検査も物理的に不可能とか
やはり中国製品は避けた方が…BSEの時のように
他に防ぐ手だて無いしね
解説で全ての中国製品が危険な訳ではない、と言っている方はパニックが起きてはならないとの判断なのだろうが…
野菜の残留農薬、肉に付着した可能性、国慶節の休業期の工場内の害虫駆除農薬散布、労働者の労働争議、見つけた害虫に誤って原液を使用した等々色んな可能性を指摘していた
未だ推測の域は出ない訳で
関連記事
スポンサーサイト

comment

V.F.P.
報道でやってましたな。日本人は虚弱体質だ、っていうのはさすが中国人の発想だなと個人的には笑ってしまいました。
昔米国で中国製品不買運動のデモンストレーションか何かで、中国製のものを一切使わずに生活してみよう、と白人が試したというのがありましたが、結局その人は1週間経たず無理!という結論を出したらしいですな。それだけ中華は進出しているという訳で。。。
なので代わりに米国から買おうとしても元をたどれば中国製という、逃れられない現実がありますな。
かといってインドとか開発しても衛生的に似たようなもんでしょうし、今度はカーストで作物を盗むのが僕の仕事です、とかいう輩に持ってかれて損害とかありえそうだし(笑)
自給率を上げるべく国有地で農業を公務にしてフリーター雇った方が手っ取り早い気がしますな。
2008.02.01 23:42
蒼き鷹サルレム
中国製品は個人的に表示を見てなるべく避けるという事で
加工品など、外国産の原料を日本で加工すれば日本製と表示する以上、万全は無理、と
ただ、アメリカではChina freeの食品を自国産品で作れる余地があるけど日本は…
それでも東南アジアとかに生産・供給拠点を分散していくのは安全を期すれば一つの選択かと
賃金もヴェトナムやミャンマー人が出稼ぎに来てるタイ等、安いところはあるだろうし
国有農業は何か律令時代の口分田をおもいだすなぁ
農業の企業化の話が出てて、補助金を出すと公約した小沢が勝ったので難しいかも(-_-;)
減反政策を始めた時点から手をつけなきゃならんかったと思うのだが、農業改革
2008.02.02 17:08

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/22-2046b24b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。