--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

南オセチア自治区侵攻

停戦協定を結んでいたが、小競り合いは止まず、業を煮やした?グルジア軍が侵攻、州都を占領するも、ロシア軍の介入と反攻によりグルジア軍は後退、EU入りを目指すグルジアは戦争に積極的であると他のEU諸国に見られるのを嫌ったか、陸海空軍を導入してグルジアを包囲しつつあるロシア軍の脅威を感じたか、大使を通じて停戦した旨を通告した
ロシア側は停戦は確認していないと空爆を続行
黒海艦隊を派遣してグルジア黒海沿岸を海上封鎖、更にアブハジア自治共和国に空爆を加え、海上より上陸部隊を揚陸したとの報も
昨日の時点でEU加盟を打診しているグルジアへ議長国であるフランスは×クスネル→クシュネル外相を派遣するなど調停に動いた
サルコジ大統領もロシアとグルジアを訪問して自ら調停に当たるとか
サーカシビリグルジア大統領も安保理に提訴してはいるようだが…拒否権のあるロシアが相手ではねぇ
親アメリカ路線を執りEU加盟を目指すグルジアは他のコーカサス三国と共にロシアから離れ、アゼルバイジャンからのパイプラインからヨーロッパへの石油輸出を行っていることからも、ロシアは資源戦略の大いなる邪魔と思っている筈で、ある一定の成果を上げるまでは軍を引くことはないかも
×傀儡メドベージェフ露大統領もプーチン首相もグルジア軍が先に侵攻してきて南オセチアの州都ツヒンバリを占領したのは干天の慈雨のように思っているんじゃ…
ブルーストリームにはアメリカは出資してなかったのか、或いは任期切れの近いのでブッシュ大統領も消極的なのか…
EUやフランスが動いてもアメリカが動かないとロシアの軍事行動も抑制されないような
グルジア軍はアフガニスタンから撤退表明、予備役に動員をかけるなど全面戦争になりそう
原油価格は如何に?
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/250-366ff0c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。