--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

朝夕は涼しくなったが

風は秋の感じで涼しい 湿度が重要なのか?
鈴虫の鳴き声が良いねぇ


>リンかけ2
鉄のピアノを音を出すことに成功し、遂にギリシャ行きが許された麟童
見送る一菜には涙が…
母も古き良き大和撫子な感じやったが…剣崎はその辺がお気に召さなかった?
それを反省したのか、一菜は積極的に麟童の周りで世話を?
かつての剣崎の菊へのセリフがキーワードになった今回、全てをかけてお前を守るがテーマか
オリンポスの中深く入り込む総統(フューラー)
でもこの名称すら今のドイツでは許されんのかな?
東欧だとナチス礼賛の言動で逮捕される法律のある国もあるらしいし
×淤凛葡繻(オリンポス)には16闘神が…は、男塾か
出迎えたのは…ヘルメス
神話上の神格としては十分な位なのだが…いかんせん顔が…(ノД`)
夢を司る神…って聖闘士星矢だとそれはヒュプノス、しかも黒幕の一人だし
聖闘士星矢からの車田世界の世界法則、「キミ、全ては顔で決まるのだよ」からすると到底勝利は…下手をすると食い下がることすら…(ノД`)
貴方をゼウスの元でなく、夢の世界に案内すると、セリフこそ奮ってはいるが
カドゥーシャスハルシネイション!
如何やら自分の精神から呵責とか罪の意識を齎す幻覚系の技のようだが
総統(ザナドゥ)は父の幻覚を
父は母と別々に暮らしていたらしい
それを恨んでいたのか、母を愛していたのか、との問いを
…車田先生、亡くなった?先代総統のと会話も、霊魂とか精神の交流の可能な技でなければザナドゥが聞いた父の回答も自分自身の作り出した答えという事に…
それだと自分で精神的陥穽から抜け出したと言えば聞こえは良いが、ご都合主義の回答を自作自演したとも…
自分の母を愛していたか?と訊いたが…
両親一緒に笑顔に満ちた生活、が家庭の理想かとは思うが、結婚に否定的な結婚観を持っているなら両親別居、も決して不幸とは言えないのでは…
一緒に暮らしていたとしても昨今はDVや虐待などで悲惨な例も報道されているわけだし…
しかし、ザナドゥは父を許せなかったらしい…剣崎の言葉、世界を敵に回してもお前を守る(意訳)を引用して責めた
お前の母マレーネとは確かに愛を交わしたが、分かれて暮らすことになった、と…
しかし、夫婦のことは当人達にしか分からぬ事も…美味しんぼの雄山と山岡さんの母のように(笑)
父たる資格無し、とザナドゥは父を討つが…父は討ちたければ討つが良い、と…(ノД`)
言葉通り父を討ち、遂にやった!と胸の仕えが降りたザナドゥだったが…次は母の事で責められる
父に会いたいと母にせがみ、西へ体の弱い母を旅立たせたことが母の病死を招いたと…
親不孝な己に自分が死んで詫びる、的に自殺へ…これがカドゥーシャスハルシネイションの技の効果か…
精神攻撃系はそれに耐えられる精神の持ち主だと相手任せで不確実、とも言えるかも
気を失い倒れ、幻覚で苦悶する総統を前に、「総統、あなたといえどカドゥーシャスハルシネイションは責め苛む…云々」のセリフ
仮にも神が人間をあなたと呼ぶのは如何なものかと
丁寧な言葉遣いな人なのかもだが
しかし…こんな顔の系統の12神居たか?
顔だけでもアポロンの方が12神に相応しいような
自決しようとしたとき、母の口ずさんでいたAmazing Graceが…
これで心が洗われた、と
前述の通り幻覚だとすれば自分に都合の良い思い出を繋げていったとしか…まあ、×生に執着してる→生きようとする気力に溢れている、とも言えるか
しかし、母か…氷河もそうだったが、だから彼女が出来…リンかけ2はサブキャラにそこまで描写割いてないか
オリンポスの入り口についた麟童
門番に世界Jr.チャンピオンだ、と名乗るも知らんな、と(^Д⊂)
そんな関心の無い大会(しかもギリシャが主催したのに)で負けたからといってアポロンへの制裁は重すぎるんじゃ…
ともかく、案内役のフクロウ使いとともに牢獄へ…


>男塾
ディノサウルスを写し身して押しまくる袁紹
圧倒的なパワーとスピード、体格を生かした攻撃に防戦一方の閻幻太子
これで前対戦を数分掛からず勝ってきたとは…厳娜亜羅、どんだけ弱いんだよ、ということになりかねんが…
押しまくる袁紹に喜びいさんで声援を送る信長だが、勝負を決しきれない様子に獅子丸と覆面の男は憂慮する…あの技の気力の消耗は半端じゃない筈だと
一方、狼髏館の二人も奴の性格から何か仕掛ける筈だと…
尻尾で捕まれ、降参する…ウソじゃー!攻撃で入れ替わり(笑)
憑気を入れ替えたと…まあ、男塾だし何が出来てもおかしくないか
恐竜の絶大なフィジカルの優位に歓喜して攻める閻幻太子
我らは何が何でも勝たねばならぬ理由があるのだ…と二人
コレでいいのだ(バカボンのパパ口調)?(^o^)
自由の女神に変えられ防戦一方になった袁紹だが…獅子丸はやはり奴は神拳寺の天才だった…と
恐竜を観察した博物館には確かに骨の化石が展示されてるわな…
骨化してバラバラに(ノД`)
閻幻太子、重傷の体を引きずり、コーナーへのタッチに…
太っちょ髭の…滅堕墓太子(めったぼたいし)に交代…メタボかよ!ヽ(`Д´)ノ
顔といい、ネーミングといい勝てる器とは…
技もモンゴル三凶撰のフビライカーンの自分の油での油相撲とか?膨漢丹とかを利用した自分の鞠化?


>はじめの一歩
素晴らしい切れを見せるスピードとカウンターに、これをねじ伏せられなければ世界を狙えない、と真っ向勝負を挑むランディ
前のオージーのクロコダイルの異名を持つボクサーもこの辺の“男の子”な面を制し切れていなかったサカグチ
一歩と戦った八百長フィリピンボクサーの方がサカグチとは相性が良いような
サカグチは、そうやって正面からいって何人やられたか、と警鐘を鳴らすが…聞いちゃあいねぇ(笑)
よりギアを上げて迎え打つランディだが…更なる上のギアで捉えさせない宮田
宮田の方でもパンチを当ててもダウンし無いタフネス、一発ある強打のランディを世界を狙える器と認めた上でねじ伏せられなければ世界には届かない、と挑む
喰らっても喰らっても耐え、宮田のパンチのタイミングに合わせようと調整していくランディ
もう少し、もう少しとタイミングを掴みかけていくが…
一閃、意識を予想もしなかったカウンターで刈り取られ、ダウン
コレが言っていた理想のカウンター?
と、すれば立てない筈だが…前振りといい、苦手という不協和音といい、アッサリし過ぎなような
スピードに対応出来ないなら、左右のスイッチも枷にはならないだろうが…


関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/272-90730cf7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。