--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

J入れ替え戦 仙台ホーム

引き分けか…前半のナジソンのゴールでイケるかと思ったが…
やはり許されなかったか
次は磐田ホームなので厳しいな…
0-0だとアウェイで得点してるジュビロが生き残りやし
最低でも一点取っての引き分け?
勝ちゃあいいんだ勝ちゃあ(笑)


磐田価値ある敵地ドロー/J入れ替え戦
日刊スポーツ - 2008/12/11 9:50

後半、相手シュートをパンチングで阻む磐田GK川口(撮影?下田雄一)
<J1?J2入れ替え戦:仙台1-1磐田>◇第1戦◇10日◇ユアスタ
 磐田は1―1でJ2仙台に引き分けたが、貴重なアウェーゴールをつかんだ。前半41分に仙台FWナジソンに先制弾を許す苦しい展開となったが、後半開始早々に反撃。同8分にMF松浦が鮮やかな左足ミドルを決めて同点に追いついた。オフト監督が9月に就任後、守備的な戦いが続いていたが攻撃姿勢が復活し、初戦でまずまずの結果をつかんだ。ホームに迎えての13日の第2戦で名門の看板を守り抜く。
 J2仙台に先制点を奪われても磐田は慌てなかった。ハーフタイムの控室でオフト監督は「この3カ月で最もいいゲームだ。後半も攻撃を仕掛けていこう」と指示すると後半8分、すぐに形になった。右MF駒野の上がりから前線でFW前田、ジウシーニョがキープしてタメをつくる。最後は磐田の黄金期を知らない19歳のMF松浦が豪快な左足ミドルを決めて同点。重みのあるアウェーゴールを敵地に刻み込んだ。
 12冠の鹿島に次ぐ歴代2位の6冠を積み重ねた、かつての強豪がシーズン16位で入れ替え戦に回った。過去4年、J1クラブは3度、J2に陥落しているという重いデータを突きつけられ、その重圧は予想以上に大きかった。百戦錬磨のGK川口でさえ「今までW杯も経験してきたけど、また違う重圧だった」と息苦しさを感じていた。
 最後は開き直るしかなかった。オフト監督が就任した9月以降、5バック気味の守備的な戦いを繰り返したが、この日は指揮官も“リミッター”を解除。MF駒野、村井の両サイドが積極的に攻撃を展開する。対面する仙台のMF関口、梁と一進一退の攻防で、ピンチも招いたが引かなかった。駒野は「引いてしまうと相手の思うようなサッカーになる」と失われていた攻撃姿勢を前面に押し出した。
 ただJ2の仙台に押される場面があったことも事実。シュート数でも10本対13本で相手より下回った。会見で「あなたが昔、指揮したころはJ2相手に引き分けるようなチームではなかった」と記者に聞かれたオフト監督は「このチームは(最初に指揮した)94-96年のチームと比較できない。リンゴとナシを比べるようなものだ」と話した。出番のなかったFW中山も言う。「まだ前半が終わっただけだ」。13日のホー戦は、年間優勝3度の名門の看板をかけた戦いとなる。

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/308-43626cfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。