--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

アニメバシリスク~甲賀忍法帖~レビュー

バジリスク ~甲賀忍法帖~ DVD-BOX 【完全予約限定生産】バジリスク ~甲賀忍法帖~ DVD-BOX 【完全予約限定生産】
(2007/09/26)
鳥海浩輔.水樹奈々木崎文智

商品詳細を見る



>バシリスク
今日はバシリスクで
一言で言うとアッパーズ(現在は休刊)連載当時に使われた“甲賀ロミオと伊賀ジュリエット”なお話
悲劇の好きなワシにはスバらしい作品
原作は小説で山田風太郎著
彼は魔界転生が有名かな?
その原作を魅力溢れるキャラデザで、弦之介のかっこよさ、女性陣の美しさと色気、忍法の不気味さをよく表現していると思う
更にアニメ制作のゴンゾーがキャラを深く掘り下げるエピソードを足して深みを増させている
甲賀弾正と伊賀のお幻が未婚で一族の者から後継者を選んだとして二人の想いの深さを出していたけど、自分の孫達を娶せおうとしてもそれはそれで想いは伝わるんじゃ?と思った
昔は血の繋がりに負う所が大きかったと思うし
映画Shinobiの殺る気満々の朧はチョッと…(・ω・)
仲間由紀恵だからそうなるんじゃ…水樹奈々の受け身なキャラも珍しい?
カラオケでハナミズキを歌ったらD.E.Y氏は水樹奈々らしくない歌、と言ってたしな
甲賀弦之介は…頭領の立場からかあまり気持ちを表に出さないし
弾正とお幻の若い頃のドラマもあり、月日の流れは残酷だなぁ、と
まあ、天正9年から慶長19年迄三十余年という月日の流れが…
お幻という名から幻覚系の技でもあるのかと
そして…ある意味主役といえる薬師寺天膳様!
声も速水奨さんで悪の親玉だろ!と(笑)
術者としては不死の忍者という事から相手の技を見切ってから戦う戦術で
「流石は甲賀卍谷衆の○○大したものじゃ」が決まり文句で(笑)
でも、攻撃技無いんだよね…
そして伊賀と甲賀の抗争を陰から煽る役
復活の時の不気味さといい、スバらしい悪役
強さと大物っぷりではブリーチの藍染様に負けるが…
あとは甲賀の陽炎さんかな
技から視聴者サービスを忘れない朱絹さんもいいけど(笑)
弦之介を想いながらも決して結ばれない運命(欲情すると息が毒に)故に敵の娘である朧に異常なまでの嫉妬の炎を燃やします
この我が身を焦がすような情念がイイ!(゚∀゚)
弦之介と結ばれるには、天膳が図らずもやろうとしていた交わるところを枕元で朧に見ててもらうしかないが(笑)
お胡夷はボディは肉感的でスゴいけど、性格とか態度とか恋とかを感じないので、ある意味少女のような
幼く見える蛍火の方がそういう意味では女で
性格怖い蛍火
沢城さんの「とどめを…入れておきました」とかね
鬱エンドとかロミオとジュリエットor人魚姫とかダメな人以外にはおすすめかと
不気味な忍法勝負、としても面白いと思う
観てみて、それ、忍法?ってツッコミも入るけど(笑)
小説ブラックラグーンで、ジュラルミンの模造刀で撲殺してる忍者もいるしなぁ(笑)


バジリスク―甲賀忍法帖 (5) (ヤンマガKC)バジリスク―甲賀忍法帖 (5) (ヤンマガKC)
(2004/08/09)
山田 風太郎せがわ まさき

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/332-1accb929
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。