--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

09年NHK大河ドラマ

天地人


>天地人 五歳の家臣
篤姫はワシにはやはりイマイチ…春日の局ほど嫌いな人物ではないが
因みに顔ではせがわまさきのバシリスクの顔がスバらしい(笑)
近代ではないので選挙の洗礼はないわけだが、幕臣の権力闘争もなく将軍交代が頻繁とはいえ世代が変われば入れ替える形の後宮で権勢を持ち続けるというのは…
実際ドラマで語られた彼女の功績は過大評価ではないかと
話を戻すと、直江兼次の五歳の頃からドラマは始まる
チョッと意志の強い子供、という感じの童子で
の、前に太閤の前でワシに掴んだ砂金で勧誘していたな
あれは初めての会見なのかも知れぬが、直江兼次といえば陪臣で三十万石という大大名クラスになる禄高だしなぁ
太閤の時代初期は未だ貫高制がメインだろうし、大大名クラスは信長以前に版図を持っていたか、本能寺以後秀吉に協力した織田家家臣じゃないといないし
過去は長尾政景が死去したところあたりから
息子の喜平次(景勝)との出会いから
長尾輝虎(上杉謙信)の阿部寛はどっちかっていうと織田信長チックな感じで
その意味では風林火山の上杉謙信を演じたGacktの方がそれっぽいかも
いくら剛胆な謙信とはいえ政景暗殺の疑惑をもたれて殺気立ってる長尾家へ単身のり込むかなぁ
姉とは仲が良かったようだけど政景の長尾家とは越後の主権を賭けて争った家だし、家臣達の反応も分からんではないが
景勝の母が肝いりで余六を見出したとか、女性陣の出番はあるのね…
母役の田中美佐子の役所も戦前の修身に出て来そうな母像からはずれてるっぽいのは現代の女性に受け入れ易くする為か?
師となる和尚の微妙に俗っぽく見えるのが(笑)
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/336-505bc9ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。