--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

日本のロケット産業

宇宙事業は商業としては大きくアメリカ、ロシアには国際河川級の隔たりがある我が国だが
韓国からの受注を受けたことで弾みがつくだろうか
朝鮮は朝鮮民族自前のロケットを持つべきだ、と言い出しかねないと思ったりもする
確かヨーロッパはEUで共同開発の方向ではなかったかと
今年前半までの好景気が続けば中国が商業衛星打ち上げでもその格安のコストから食い込んでくるものと考えられていたが…
ロケット打ち上げには赤道に近い低緯度地方の方が有利な筈なのに西の砂漠でやっているのは機密保持の為?
ロケット墜落事故の為村一つ無くなったという話も聞くし
インドもいずれは…と
ともあれ、世界でも固形燃料ロケットは第一で…他の国は殆ど液体燃料ロケットだけど(゚∀゚)
コストの面はともかく、信頼度とか勝ち取れれば今の日本車のように世界のシェアを…キツいかな(0゚?ω?)


<三菱重工>11年度に韓国の衛星打ち上げ…海外から初受注

1月12日21時1分配信 毎日新聞
 三菱重工業は12日、韓国政府系の韓国航空宇宙研究所(KARI)から、国産ロケット「H2A」を使って、韓国の観測衛星「コンプサット3」を打ち上げる契約を正式に受注したと発表した。日本の団体や企業が、海外の衛星を打ち上げるのは初めて。
 11年度に種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星とともに打ち上げる。受注額は非公表だが、数十億円規模の見通し。
 H2Aは、国が主導して開発したロケットで、01年に1号機の打ち上げに成功。計14回のうち13回の打ち上げに成功したが、すべて国の発注だった。
 三菱重工は、打ち上げ業務の民営化に伴って07年から打ち上げを移管された。民間や海外の衛星打ち上げを目指し、昨年10月、KARIから優先交渉権を得ることに成功。麻生太郎首相と李明博(イミョンバク)大統領の首脳会談に合わせる形で正式契約にこぎつけた。【宮島寛】

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/349-bef5b051
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。