--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14

ジャンプ以外は普通に出てるな

>史上最強の弟子ケンイチ Battle 320 勝利への執念
武田の申し出で勝ったら美羽に告白する、と言いケンイチの本気を出させようと賭をする
そして、肘にいこうとするケンイチに、オールレンジパンチを…
有効打を多数受け、膝を突いたケンイチ
ボクシングといいつつ“裏”が附き、アングラ闘技場での戦いで総合や異種格闘技に十分な対策が出来ている様子
しかし、妄想で武田が美羽に告白するのを思い浮かべ、立ち上がった…
彼氏でもない、いや、彼氏でも告白する事自体は止める権利は無いと思うのだが(=ω=.)
双方共に師匠は髭の賭かった真剣勝負っぷりにそこまで私を思っているのかと感動…岬越寺はそうではないことに気づいたようだが…
肘や蹴りに合わせてキッチリ防御して反撃してくる武田に投げで対抗しようと掴んだ
綺麗に投げた、と思ったら武田は自分から飛び、真上に来た頃に引き手を切って落下して後頭部へメテオストレート!
決まったが、蓮華からはラビットパンチでボクシングでは反則じゃないか、とのツッコミが
しかし、“裏”のボクシングは総合格闘技に対して技術を磨き昇華してきた、と解説するジェームス司馬師匠
この攻撃にも立ち上がり、再び攻勢をかけたケンイチ…制空圏で相手のリードパンチを捌いていく…
受ける武田もパンチで相手の手を導くようなボクシングでの制空圏を…
“静”と“静”同士の戦いに…
武田が“静”のファイターとは以外


史上最強の弟子ケンイチ 30 (30) (少年サンデーコミックス)史上最強の弟子ケンイチ 30 (30) (少年サンデーコミックス)
(2008/08/11)
松江名 俊

商品詳細を見る



>はじめの一歩 Round 839 選んだ道
僅かに顎に掠っただけでダウンし、カウントを取られるのを聞く羽目になった宮田
セコンドの宮田父も鴨川会長も体格故に厳しい原料をしているから耐久力を奪っている、と
曰わく、鋭さを追求して研ぎすまれた刃物は切れ味は鋭いが脆い
しかし、この厳しい現状も、自らが“選んだ道だ”と気合いを入れて立ち上がった!
起き上がった宮田にファイティングポーズを取らせ戦えるか確認するレフェリー
ボックス!という掛け声が待ちきれない、とばかりに仕留めるべく迫るランディ…5R終了のゴングに救われる形に
コーナーに戻ってセコンドと会話を交わす両陣営…
宮田は…深刻な表情で回復に専念しろ、と父
しかし、右での決定打のカウンターを打てる余力は?にはせいぜい2?3発と…
千載一遇の好機を見逃さず、必殺のカウンターを打ち込むまで耐え抜く覚悟を
一方サカグチは積年の恨みが晴らせるところに来た事で興奮しまくりで(笑)
回復をする暇を与えずねじ伏せろ、と発破をかけた
この辺が俗っぽいというか偉大な敵、という感じを与えないな…サカグチ
親子揃って顎が弱いとは…遺伝か?とか既に見下ろした言い分を…(-_-;)しかし、ランディは油断することなく冷静に仕留める気のようで
6ラウンド開始…観客にはランディのスピードが上がったように見えるのだが…実は宮田の方が明らかに失速していた
コーナーから出て来る時に椅子から立ち上がって、思っている以上にズシンと疲労を感じていて、キッチリと起死回生のカウンターの右を放てるか心許ない程消耗していた
更にカウンターを合わせようとしてもスイッチして、タイミングが読み切れない…あまつさえランディの攻勢にスウェーなどで完全には躱せず、当てられている内にガードがずれ、めった打ちに(ノД`)
当たることからリズムを掴み、決めにきたランディ
意識を刈るパンチが顔面に…膝が揺れる宮田…
さて、反撃どころか立っていられるか分からない程までに追いつめられて…来週どうなるか…


はじめの一歩 86 (86) (少年マガジンコミックス)はじめの一歩 86 (86) (少年マガジンコミックス)
(2008/12/17)
森川 ジョージ

商品詳細を見る



>賭博覇王伝零 第64話 現状
アンカーを寝台の横に当て、振り子が動かない状態にしたことで暫定クリアを認められた零チーム
小太郎は自分の仕切るゲームを切り抜けられたことで頭をかきむしって悔しがり、こんなのはクイズじゃない、こんなあるか、とグチるが…覆水盆に返らず、ってことで
零はもうお前なんか関係ねぇ!とばかりに外へ行き、リング一個だけでは次のステージには届かないので走り回ってまだ開いているアトラクションを探し始めた
総支配人?に話しかけられ、さっきまで死ぬ思いをしたのにもう次の地獄を求めてるのか…とご挨拶を
しかし、車に乗るように言われ、まだ開いてるアトラクションまで案内する、と
何でそこまでするんだ、との零の質問に、こちらの都合で標と二人を試して時間を使わせた埋め合わせさ、と
…この辺がカイジと違うなぁ、と
キャラとしても零は最初から天才で、カイジは徐々に成長してるし、命を懸けるようなギャンブルのステージもカイジは主催者が足掻く様を楽しむのが主目的のようだが、零の在全は本気で後継者を選ぶつもりなのか…と思わせるしね
ただ、開いているアトラクションには案内するが、最後の残り少ないステージには人が群がっている、と
こちらとしても後継者としての器かと期待している君が時間切れでアウトなのは願い下げだから、しかし、群がる連中に自分に先にやらせてくれと説得する寝技も出来なきゃ、男なら…とエラそう?に言われた
さて、次に降りたら零は群衆に何て言うのか…


賭博覇王伝零 5 (5) (KCデラックス)賭博覇王伝零 5 (5) (KCデラックス)
(2008/09/17)
福本 伸行

商品詳細を見る



>暁!男塾 第百七十二話 ゴマ吉である!!
人間茶柱のエールのお陰か、足場を無くした信長に足場を与えたアザラシ
ゴマ模様のような斑からか、ゴマ吉と命名(=ω=.)
そして得意げに無限流活殺術 獣畜操心術とゴマ吉を駆る信長
民明書房によると獣畜繰心術の名人に陸奥吾郎、という人物がいたとか…(=ω=.)
コンビプレーを見せてやる!と意気込んでゴマ吉を走らせる信長だが、危なっかしい…練習せずにぶっつけ本番では…
しかし、亜葡論の嘲りに、ゴマ吉に奴の周りを回るように泳ぐように命じて、無限流活殺術奥義 大回転殺法!と叫ぶ
…奥義ってアンタ…(-_-;)今さっきコンビを組んだばっかやん…
しかし、回転からの攻撃は見事亜葡論の顔面にヒット!
だが、これで亜葡論は怒り、私は殺戮を好まないが本気を出す、と
周りの氷山に鏡を数多く投げつけ刺して、反射衛星砲的攻撃を…(-_-;)
乱反射する光線に躱しきれずゴマ吉が庇って怪我を…
信長はゴマ吉!と叫び怒り、怒りで煮えたぎった気持ちと共に北極海の水中へダイブ
一分と持つまい、愚かな男よ、と亜葡論
しかし、獅子丸は奴の怒りが氷の海を耐えさせる、と呟く
3分以上経ち、もう死んだ頃、と油断した亜葡論の顔に下駄が…
やはり、富樫虎丸的勝利…


関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/353-bee4f82c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。