--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06

週刊コミックバンチの感想

>ジャギ外伝
アンナと修行中に再会し、バイクに乗せられて前に滞在したゾク?のアジトに向かったジャギ様
そこで懐かしいみんなと再会するが、北斗の拳を学ぶ上で全て部外者には秘密という掟から、今何をしているか、何処に居るかとかの問いには答えられず口ごもる…
そんな態度に心を開かぬと感じたみなだったが、ボスは理解を示した
最近対立している無法なチームがある、と聞かされる
そいつ等に仲間が痛めつけられている事を知り、強くなっただろう自分が加勢したいと考えるが、やはり掟が…
そんな躊躇う様子のジャギに、強くなれ、と肩を叩き諭すボス…ええ奴や…(^Д⊂)
そして泣き虫なジャギだと弟に姉のように接してくるアンナ
本編のジャギ様とはかなり隔たりが…冒頭の悪行があるか


とまあここ迄が先週分


冒頭はジャギ様の胸像が出来たと世紀末の芸術家が喜び勇んで報告に来たが…
これはジャギじゃぁねえ、極悪非道のケンシロウの像だ、と秘吼を突いて爆発させた…
芸術は爆発だ!と言っていたが自分が爆発させられるとは…
北斗寺院での組み手で、ラオウにコテンパンに痛めつけられるジャギ
まあ、ラオウとではねぇ…
見かねたリュウケンは伝承者の道は強制はせぬ、と勧めるが、父の全てを受け継ぐ事になる北斗神拳の伝承は止められるわけもなく…
「大丈夫、今日は体調が悪いだけだ!」と強がる
その気迫に、リュウケンは羅漢撃を教える
この技は雑念、恨み、面身、嫉みを超越した境地で会得出来る、と…
…それって本編のジャギ様を見る限り真に会得は出来ないんじゃ…(-_-;)
でも、本編の過去の描写でケンシロウに北斗羅漢撃を自慢げに使っていたのは初めて父に教わった技、父の全てを伝承するのに強烈な欲求を持っていることを鑑みれば納得できるか…
また懸命に羅漢撃の構えを取り習得しようとする
再び組み手でラオウにのされた
全力で努力しているのにラオウやトキに全く追いつけないジャギ
また、バイクを駆って街に出た…ガソリン代どうしてるんだ?小遣いなさそうなのに…
ラオウは前の大木を打ち倒したのはやはりまぐれか、と見下す
度々出掛けているジャギに大方逃げているんだろ、にトキは彼らしく兄として心配を…
そういえば本編ではジャギ様の感情はケンシロウ憎し、で染めあげられていたが、何らかの理由で歪んだという外伝の話の中ではラオウやトキとの関係も描いて欲しいかも
ラオウは弱いと思っていた奴には感心なかろうが、トキはねぇ
まあ、ジャギにとってはトキの優しさもお節介か?
拳法において“あのジャギでさえも認めていた”、と本編で唱われていたトキにだから、また歪んだ感情なんだろうなぁ、トキに対して(笑)
また、仲間?のチームの処へ…しかし、ガランとしていて異様な感じのアジト
ボスの居ない間にこの間の奴らに襲われて、アンナが浚われた!と
一人に奴らのアジトを案内してもらい出向くと、まさにアンナの悲鳴が!
中に駆け入ると、犯される寸前のアンナの姿が目に入り、ジャギ様怒り心頭!
前の坊やか、またかわいがって欲しいのか?ととげ付きフレイル?で殴りかかって…アンナは何か叫んでいるが、ジャギ様の怒りからか、聞こえない…
襲いかかってくる賊の動きが遅く、のろまに感じられた…自分は修行の成果で強くなっている事を自覚する
あっという間に全員を片づけ、アンナを救い出した…
泣き虫のジャギの力強い姿にお姫様抱っこで救われた…さらに、あれは二人だけの秘密だったんじゃ…と使ってはならない拳法を使ったことを心配する彼女に、「俺にまかせろ、お前は何も心配するな」に惚れ込んだ?
…ジャギ様には失礼だが、ヒーロー役は似合わないなぁ(^_^;)…キャラじゃないというか
ジャギ様もユリアに惚れるので、アンナの運命を推し量るに…(^Д⊂)
また、パラレルワールドならまだ救われる展開に持っていけるかもだが…北斗三家拳のいずれかを伝承するとか
いや…父の全てを伝承する気だから無理か
それにしてもページ下の煽り文句を見るまでもなく、禁を犯した処罰が厳しいのは想像に難くないが…




>蒼黒の餓狼 レイ外伝 第43話 野獣たちの調べ
レイは妹アイリのような悲しむ女をこれ以上作らない為にアスガルズルに急ぐ
一方、薬が回り、準備が出来たフリーダは握りが真ん中にある両刃の斬馬刀のような大剣を振るう
さらに、スピードあるフットワークで有利な位置より打ち込んでいく
速いな、といいつつ躱したロフウ
その余裕のある相手の態度に更にフットワークを速めて幻惑する動きを演出する…分身か
そして分身からくる打ち込みはロフウも躱しきれず仮面を傷つけられた…
追い打ちをかけようとフットワークを駆使するフリーダにロフウは目を瞑り、殺気を察知して対応した!
幻惑する動きなら目で追わず殺気を感じ、間合いを見切ればよい、と
剣を掴まれたフリーダにとどめが振りかざされる…「また一人で無理しやがって」とリマが登場
地下道を逃げるランとユウ
フリーダならあいつに勝てるか?とのユウの問いに、奴はリマ様が勝てなかった相手…一人では無理だろう、と
しかし、二人でなら…昔はB B(B&B? ベストボクサー?って昔サンデーで石渡治のボクシングマンガ有ったよね?);ブラザーバーサーカーと恐れられたコンビだったらしい
が、北斗の拳世界では…二人組の拳法家は二神風雷拳、南斗双斬拳、南斗双鷹拳と一流にはなり得ないような…(=ω=.)
まあ、拳法家ですらないか…


蒼黒の餓狼北斗の拳レイ外伝 4 (4) (BUNCH COMICS)蒼黒の餓狼北斗の拳レイ外伝 4 (4) (BUNCH COMICS)
(2009/02/09)
猫井 ヤスユキ

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/372-e9cef0f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。