--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17

ギリギリ アニメ感想

>true tears 7話 ちゃんと言って ここに書いて
比呂美の言葉の一撃に悩む眞一郎
鏡を見ても気づく事はないと思うが…寧ろ比呂美と親父の共通点を探すとか
悩んだまま乃絵の弁当攻撃に行き会う眞一郎
悩みを聞かせて、問うがあの物言いと、学校の階段という晒しモノになる場所では言いたくないかと…
他ではかなりな突き抜けようと云われている乃絵だが、やはり言葉少なくして話が通じる兄といるからあんな物言いになったのか
お前といると混乱する、と言われた乃絵は弁当持って体育館の比呂美のとこへ
一緒に弁当…というか乃絵が一方的に比呂美に食わせていたが(^_^;)
しかし…眞一郎に何言ったか訊くにも「飛べる眞一郎が飛べない貴女と関わって飛べなくなる」って明らかに喧嘩売ってるだろ
おとなしそうな印象の比呂美だが、スポーツ少女?だからか取っ組み合いに
それを見かけた眞一郎…何もせんのか
「眞一郎、仲上、目標を紛争幇助勢力として排除する」とか(笑)
祭りの稽古に行き、ムシャクシャを動きにぶつけて、周りから化けたな…と言われるとは…どんだけやる気なかったんや(笑)
帰りに乃絵の兄と会い、約束を果たせ、と
愛子は比呂美が好きなのは…と分かっていたようだが
家では母と比呂美が…眞一郎が来るのが分かったのか子供だという話を信じてるかは切り上げた
空気のようだった父も眞一郎に母が何か言ったか訊いてたし…家の空気がおかしい?
三代吉、メールで呼び出して愛子と話をするが…
手編みのセーターを要求してみるが、編めない、と
結論を言おうとする愛子を差し止める
次の日、眞一郎に「お前、格好いいよな…いいぜ、お前なら…」って意味が違うく取れるのじゃが(^^;)
乃絵に弁当ないかと話し掛けると逃げ…
追いかけて追いつき、何故逃げる、と
そして鈍い眞一郎も乃絵が自分を好いてるのに気づく
で、約束でなく自分自身も好意を持ってるんじゃないか、と告白
止まったカットで赤くなる乃絵がグッジョブ
言葉だけじゃなく、地面に書いてと要求する乃絵
最後の濁点の為に白い手袋を出す乃絵
悲しい時だけではなく嬉しくても涙が出ると知る乃絵
比呂美の背景から波乱への幕開けを予想するワシはヒネた年寄りか…(=ω=.)
その後、愛子の店へ行く眞一郎
しかし何故あそこに…比呂美と顔を合わせたくなかったから?
乃絵と付き合うことにしたと聞かされて、強引にキスをする愛子
「私を見て!」と


>破天荒遊戯
山の中で遭難しかけてアルビノの少女と出会う
空を見たいと…同じ境遇のアル?はシンパシィを抱いたようだ
村人が少女を捜しに来て村に招待されることに
しかし、娘の為にラゼル達を肥料にしようとしているのを立ち聞きし、脱走
娘は空が見たいと同行する
そして気づいた村人が取り戻しに
気が動いて邪魔を…村人は木だった?
追い付いてラゼル達を肥料にと蔦攻撃
庇う少女に命中、実は彼女はアルビノの苗だった…光合成の出来ない植物…


>キミアル 第7話
客人とは揚羽だったようだ
執事の小次郎は訓練中揚羽のパンツに防御を失念し入院…
れんを付けて鍛えることに
部屋改造とれんを付ける為に払われた賄賂が…
森羅はパンダの赤ちゃん、未羽はアイドル、夢はお菓子、ナトセはマンガ的骨付き肉(笑)
鍛えられ続けるれんだが、揚羽のヌードも…
大佐が留守にしたとこを見計らって揚羽を暗殺
しかし撃退、強過ぎ

>シゴフミ 第7話 キラメキ
冒頭、また自殺者
キラメキの小説信者?
要が前に電話かけた相手ナツカ、とか
その姉春乃が出版社勤務でお茶汲み&コピーだったがキラメキ担当に
原稿取りに行くと広いが奇抜な家に…
前に登場した時からキラメキは特別なやっと
カナカを地面に刺し充電?(笑)
今回の配達先は美川キラメキ
配達前に文歌の病室に
要は要で美川キラメキに行き着くが
結構天然?しかしイッてる奴でファンでもあった編集はそれなりに幸せの時間を過ごしていたが
フミカが自殺したファンのシゴフミを持って来る事に
母や自分の気持ちなど考えず見えていなかったと呟くフミカ
キラメキはシゴフミは美しくないから燃やすと…
銃を向けるフミカをと止める要だが…
キラメキが落ちた銃を拾って撃ったのは何故?反射的に?(笑)


>H2O 第7話 ほたる
ひなたは実は…
祭りに浴衣を縫って出るという提案に女子が乗り、教室で裁縫を…
上手いはやみに縫い方を訊いたり、今までの除け者は如何したのか…
やはり前に書いたように平成の世の中では違和感が…戦後暫くとか、戦中以前ならのう
まあ、現代でも青森監禁王子とか金と権力あるともみ消せるようだけど
そして…幼い時に描いた絵本に精霊音羽が!
実ははやみは姉で今は死んだ姉の代わりにほたるがなりすましていた!
優秀だったはやみが死ぬのはまずいと…
祖父の神楽の家を守るエゴ?が…
良くできた姉ひなたは周りからも認められる神楽の跡取りとしての資質を示していたようだ
姉と比べられダメな子と思いこんでいたほたるだがひなたは自分にはこんなきれいな絵とお話は書けないと誉める
ほたるに花を取ってあげようと池に落ちて死んだ姉
良き跡継ぎを失って妹に姉として生きろと諭す祖父と親戚…
歪んでる村や~
時の音の精霊はひなたにも見えないことにも…まあ、元はほたるの想像の産物だが…
それにしても広瀬の目やゆいとの和解、ほたるとしてのみなの認知とか、楽に達成し過ぎる気も
こうなっていけばいくほど、神楽の家は浮いていくような…


>ペルソナ
今回は戦闘も無く…
一日署長とかの平和な?話
しかも子安諒がマジメな声バージョンでアイドルの説明を受けるシーンが(笑)
来なくなってしまったちーこりん、っていうかこんな街に来たかねー
アイドルペルソナ使い、というのも面白い気もするが、作風変わるか…(=ω=)v
それにしても…ふーこりんとかみーこりんとかよーこりんとかモデルがいるのだろうか?
ちーともインスピレーションが…_(_^_)_
それにしても所轄ではカワイい子探しかい!ヽ(`Д´)ノ
しかもクラスメイト二人…
婦警コスをやりたかったのだろうか…
誘拐事件はあまりにも印象無いので(笑)
それにしても署長一人で事件解決って…
風船持ちの熊さんは諒は思い出などに浸ったりしたのだろうかと疑念が…(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.02.18 23:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/43-2f3e9e66
true tears vol.1 眞一郎は比呂美の話を容易に受け止めることができない。眞一郎と悩みをも分かち合いたい乃絵は、比呂美と大喧嘩になる。そんな乃絵の真剣さが、眞一郎の心に変化をもたらす。初雪が校庭を白く染めた日、雷轟丸の墓の前で乃絵は、言葉以上の誠意を求め...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。