--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29

紫織さん…夜叉に

別冊 花とゆめ 2009年 11月号 [雑誌]別冊 花とゆめ 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/09/26)
不明

商品詳細を見る



>ガラスの仮面

速水邸での父の朝食から始まった…
月影千草の様子を気にする義父英介
真澄さんはマヤに、「阿古夜の恋のセリフなんて言えません ぜったいに…!」言われたことを思い出しへこむ
いつもそんなに気になりますか?月影千草の事が…と切り替えすが
気にしているのは紅天女の上映権だ、と
紅天女候補の北島マヤが選ばれたら厄介だ、おまえのことをとことん嫌っているからの
月影千草千草がお義父さん、あなたをとことん嫌っているようにね…
しかし、血が繋がってもいないのに似ている…
お義父さん、あなたの気持ちが分かった気がする、今ぼくも同じ道を歩もうとしている…
気がついたらいつのまにか自分だけが恋におちていた… どんなに相手から嫌われても その思いは形を変えて心の奥深くに眠る…
とりあえず梅の里での魂が触れ合った感覚は幻だったと
出立間際に、アイスクリームとソフトクリームと生クリームがたっぷり入ったフルーツ山盛りのパフェ、お好きですか?お義父さんとカマを掛けた
怒鳴り散らして誤魔化したが…誤魔化し切れてないような…吹いてたしバレバレやん
バレなかったのは、日頃の行いの成果か…
ドキドキのお義父さん(笑)
とりあえずはマヤを流石は月影千草の選んだ娘、と評価していた
紫織さん、マヤの稽古場へ
敵情視察?
あの娘に紫のバラなど贈らせませませんわ もう二度と…!と決意を
劇団オンディーヌの新東京スタジオへサングラスでやって来た亜弓さん
あまりサングラス姿はないらしい
症状として両目の後ろに血腫が出来て眼球を圧迫しているとの事
血腫が視神経や眼動脈を圧迫して放っておけば失明のおそれがある、そうなる前に手術をして血腫を除去する必要がある、今は治療に専念すべきだとの事
今の世の中だと入院、手術はやむを得ないんじゃ…失明の危険あるなら
月影先生の寿命が問題だけど
大丈夫見えるわ…!演れる…!って無茶ですやん、亜弓さんヽ(`Д´)ノ
マヤに大粒の自分の誕生石のサファイアの婚約指輪を見せつける紫織さん、少しゆるいらしい
どうか速水を許してやって欲しい、もう二度とあなたのじゃまはさせない、“妻”になるわたくしがおやくそくします
あなたには信じられないでしょうけど 速水はああ見えて本当はとても心のあたたかなやさしいひとなんですのよ
わかっています、あたし…!
マヤの反応に、知っているというの…! 真澄さまが本当はおやさしい方だということを…!と心がざわめく紫織さん、カイジ(福本作品か)の効果音ザワザワが聞こえてきそうな程に(笑)
運転手山岡のそろそろお時間です、の言葉に、じゃああたしもこれで…!と席を立とうとしたマヤの手を掴み引き留めた拍子にバッグの中身をぶちまけてしまった…
ごめんなさい、と拾うが…婚約指輪をそっとマヤのバッグに忍ばせ…古典的ですな…
何かあればいつでもわたしが相談にのりますわ
外面似菩薩、内面如夜叉…(((((( ;゚Д゚))))))
ごうよく氏は人形のような女が初めて自分の生きる目的を持った、とのことだそうだが
真澄さま…!あなたの心をとりもどしてみせる…!あの娘からきっと…!
と決意を新たに…
紫織さんが倒れた、との鷹宮家からの電話にすっ飛んでいく真澄さん
真澄さま…真澄さまがやってくる
わたくしを心配して…わたくしのために…
ウーン(・ω・)
どんなことをしてもあなたの心からあの娘を追い出してみせますわ 心の中にかけらも残らないほど…!
……(=ω=.)
一方、ロッカーで紫織さんの婚約指輪が自分のバッグの中に入っている事に気づいたマヤ
孔明の謀だ!(笑)
直ぐに連絡しないと!って携帯電話持ってないんだっけ…(ノД`)


ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
(2009/01)
美内 すずえ

商品詳細を見る



ガラスの仮面 第1幕 [DVD]ガラスの仮面 第1幕 [DVD]
(2005/09/22)
小林沙苗矢島晶子

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/456-9a28dc5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。