--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

コミックバンチ、ワシには遠くなりつつあり

北斗の拳世界作品がないとねぇ…


>医龍~Team Medical Dragon~ 第160幕 継ぐ者


医龍 20 (ビッグコミックス)医龍 20 (ビッグコミックス)
(2009/02/27)
乃木坂 太郎

商品詳細を見る



加藤ちゃんと朝田、伊集院とのバチスタチームの活躍で、無事手術室から生還出来た野口
医局の誰もが加藤ちゃんチームの貢献を認めないわけにはいかなくなったが…
しかし、血流を止めていた時間から脳への障害が懸念される、と野口の妻咲に伝える加藤ちゃん
祖父江教授も研修医の伊集院をやってくれたな、小僧、と認める形に…
ごうよく氏と話したが、確かにここまでしたなら野口の脳に障害が残っても加藤ちゃんの所為ではないよね、との事
まあ、確かにそうかも
野口くん的には、せっかく生きていても彼の生き方である政治的に生きられなければ死んでいるのと同じ、と思うだろうな…
毎日出来るだけ時間を作って面会しに来てくれる愛妻がいたとしても
一方、父の手術は失敗してざまあ見ろ、と驚喜する真吾
一応最後まで気にかけてくれる?鱈淵にも英語の早口で魚野郎とか悪態をつく
実は、僕の英語力を甘く見るなよ、と全部理解していたらしい(笑)
前にプライドが高くて、バチスタ手術前の赤子の発作に一人で対処しようとしていた彼
「殺すぞ」の言葉に次回での反撃に期待?(笑)
まあ確かに父の国立は今日の手術で権威が失墜したし
真吾と鱈淵を見ていると、ベルセルクでの魔女っ娘の解説、明るい気を持つ者たちは明るい気を者たち同士で集まり、暗い気を持つ者たちは暗い気を者たち同士で集まる、というのを思い出すのだが…
次回、鱈淵くん、主役?(笑)
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/477-a111acf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。