--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14

ジャンプはまだ合併号じゃない

年末だけど、最近号数増えたなぁ


>家庭教師ヒットマンREBORN! Target.270 窮地


家庭教師ヒットマンREBORN! 27 (ジャンプコミックス)<a href="http://blog.fc2.com/goods/408874750X/salrem-22" target="_blank">家庭教師ヒットマンREBORN! 27 (ジャンプコミックス)
(2009/12/04)
天野 明

商品詳細を見る



桔梗の不意打ち、実は地中からの攻撃で重傷を負わされる雲雀
左腕をもぎ取られ恐竜の顎に噛み砕かれる
「地中を使っちゃ悪いってルールはないよね」…うーん、実力(雲の増殖を含めて)で強いという真六弔花の中でも最強を自負してると言っていたのに
なんか小者化した感じを受けてしまうなぁ
最初から策を弄して来る…チョイスの時獄寺をいなしていたか
そしてヴァリアーとブルーベル&ザクロは…
ベルがナイフを投げ、レヴィが雷の炎を、ルッスーリアが援護を…ブルーベルと対戦
そういえばベルのナイフ、匣兵器で嵐の炎纏ったりはして無いのかのう
ワイヤー無くともコントロール出来そうだし、ワイヤーを使ってたらワイヤーから嵐の炎を伝わせて分解したり、ワイヤーの硬度と性質を持つ嵐の炎とか…色々ありそうだけど
バリエーラ・メドゥーサ(クラゲバリアー)で防がれる
レヴィは雷エイを突貫させようとするが、ベルは乗せれるか?と上に
スーパーレヴィボルタと嵐ミンクの炎でバリアを突破する
ルッスーリアも加わり、一気に片をつけようとせまるが…ブルーベルはにんまり笑い、わざと外側を突破させてあげたわ、今はあなたたちはクラゲの中(クラゲは90%水分だし)は純度の高い雨の炎、沈静の作用で分子まで停止する、と勝ち誇る
一方、悲鳴を聞いたザクロは部下がやられたようだぜと語り揺さ振りを掛けてみるが、ザンザスは「ありんこの死を気にかけるか?」と冷たい言葉(笑)
ベスターを猛らせ相対する
が、力比べで押し負けた…?
激しくなる戦いの様子にみんなを心配するツナ
これが、真六弔花の力です、と勝ち誇る桔梗&ザクロ&ブルーベル
が、全部幻覚だった…!?
骸とフラン登場
フランの師匠って骸だったのね…
目立つトコに居て登場した師匠に不満のフラン(笑)
少しの時間貸せ、と言ったのにかなり時間遊んでたじゃねーか、とつっこまれ
この力関係だと、ボンゴレファミリー勢揃いで、三人の真六弔花タコ殴りな状況のような気が…
1VS多人数は相手が圧倒的だから戦いとして映えるので
展開が早いのでブリーチよりお話が進んだ感はある、けどアニメにした時制作スタッフがキビしそう
ツナの性格からはタコ殴りは無いよね
今は乱戦で何でも有りな状況だけど
防衛の三方向のラインで二方向についてはバッチリっぽいけどもう一つの方向が…
業を煮やした白蘭が、GOHSTか部隊を投入?
トリニセッテを手に入れる為なら手段を選ばない雰囲気に鳴ってるし、白蘭
…骸が来たことで雲雀が骸に向かってったりしないよね…


>BLEACH 385 Voice it


BLEACH 42 (ジャンプコミックス)BLEACH 42 (ジャンプコミックス)
(2009/12/04)
久保 帯人

商品詳細を見る



百年前の因縁、というか怨みを抱いて対峙する平子
精神に働き掛けて影響を与えるのが自分の斬魄刀だけやったら大間違いやで、と逆撫(さかなで)を解放した
ワイの斬魄刀の能力知らん筈やと言ってはいたが、前に藍染と鏡花水月に一緒に行動していたと思いこまされていたし、同じ手で平子と一緒に戦ったことある奴から昔話がてら聞き出すことは可能なんじゃないかな…
一方、狛村と東仙…
先週から大義だ正義だのと…キャラが好きならそれも漢のモチベーションや生き様と肯首も出来るのだが
あの二人にワシ、思い入れ無いので(苦笑)
復讐を目指して十三隊に入って、死神と共に生きるならそれこそが堕落だ、と東仙
言ってることは分かるけど…私怨だよね
狛村隊長の卍解は黒縄天が斬られると本体も傷つくらしい
虚化したならもしや…と思っていたが、やはり刀剣解放があるのね…
鈴虫百式 狂枷蟋蟀(グリジャル・グリージョ)
剣八が相手ならどういうのだろうなぁ
あまり剣八的に楽しい相手ではなさそうだが
って事は一護も刀剣解放出来るって事だよね?
…藍染様にもあるやん…


>あねどきっ 第23話 出陣!冬のセール


あねどきっ 1 (ジャンプコミックス)あねどきっ 1 (ジャンプコミックス)
(2009/12/04)
河下 水希

商品詳細を見る



ちあきの機転で長女のちはるのお見合い計画から帰ってこれたなつき
ちはるは電話の情報通りに香港でセレブと会って仕事中
洸太はなつきにあいつがすきだ~と叫んだのを聞かれてるんじゃないかと気が気でない
聞いていた様子はおくびにも見せないなつき
家に帰ってみんなでこたつに…日常の(ハーレム的)こそばゆい時間
足が当たったとか、そんなんで騒ぐやり取りとか
新聞のチラシのセールを見て、それぞれ欲しい物の広告に買う気を刺激された三人
因みに洸太はゲーム(笑)
荻原姉妹は金持ちなのに、何故安売りに興奮する、と洸太のツッコミが
食材より婦人服売場に連れていかれた(笑)
下着売場で確保した下着を持たされ…男所帯で育った中学生にはかなり恥ずかしかろう(笑)
周りのおばちゃんの胸に押されたり、ちょっとした苦労を
更に服を買いに行く姉妹
散々待たされたが…三人でお揃いで色違いのマフラーを買ってきた
こういう優しい配慮と、荷物を持たされて、男の子がいると違うね、と(美人に)褒められるだけで、悪い気はしなくなるのだから男は単純というか哀しい生き物だよねぇ
今日も楽しかったね、的な雰囲気で家に戻ると洸太の父が、クリスマスを祝う扮装で
父曰く、「誰?」(荻原姉妹を指して)(笑)
さて、元の生活に戻りそうな変化で、どうなるのか…
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/520-e0098484
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。