--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

長谷川、危なげなくKO

WBA世界バンタム級タイトルマッチ


挑戦者はニカラグアのアルバロ・ペレス
始まり当初はアナウンサーの3試合連続1RKOが期待される、と煽っていたが…流石に厳しいか
挑戦者の遠い間合い体毎入れて来ての左が危険(頭が飛んで来てバッテイングの可能性)なので警戒すべきとの事
開始一分~一分半位まではチャンピオンの固さか、挑戦者ペレスの積極性が功を奏していたのか、攻勢に回っていたが、次第に打ち終わりにパンチを当てたり左に合わせてカウンター等が出始める
1Rが終わる頃には少し効いていたペレス
1RKOはなくなったが、攻勢に出ているのはチャンピオン
5R目にペレスは目を切り出血、仕留められた
冠鷲に次ぐ、日本連続防衛記録歴代二位に
タレントとしての具志堅はキャラ的にアレだけど、やっぱ偉大なチャンピオン

粟生も復帰戦…
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/523-955c4b41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。