--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

冥王神話の外伝

>聖闘士星矢 The Lost Canvas ユズリハ外伝


プリンセス GOLD (ゴールド) 2009年 12月号 [雑誌]プリンセス GOLD (ゴールド) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/10/16)
不明

商品詳細を見る



この雑誌に載っていた、ユズリハのお話
前聖戦には青銅聖闘士の五人の前世と思しきキャラが見当たらないし、白銀聖闘士の女聖闘士の前世もなさそう
ユズリハは両親と弟トクサの転落事故から、一族の血を絶やさぬ為に嫁ぐことにしたとシオンに告げる
彼女の夢は聖闘士として師のシオンと共に戦士になることだと
冥王ハーデスの復活により、復活した冥闘士の討伐に聖闘士が教皇の命で派遣されていると
そして牡羊座のシオンが故郷ジャミールに…
師のハクレイに挨拶に行くと憎まれ口をきかれた(笑)
が、本音はトクサの行方不明にユズリハが嫁に行き、黄金聖闘士になったシオンが聖域に行ったっきりで三人の弟子が居なくなり寂しい様子
昔の家族との夢を見て気弱になったな、とユズリハ
単にマリッジブルーとか感傷に浸ってるのでは?
家は自分が継ぐから立派な戦士になりな、と姉を励ますトクサ
しかし本心は、姉に女として幸せになって欲しいらしい
そんな夢を見た後にトクサが家に戻る
が、その正体は天功星、ハヌマーンのトクサ!
ハーデスの冥闘士として命を授ける代償として求めたのは愛する者の命…父と母を殺ったらしい
そこへ駆けつけたシオン…冥衣を纏ったトクサに全てを察し、人間性を弄ぶハーデスに怒りを燃やす
姉さんを殺して戦い傷つくようがないようにと願う弟
まあ、十八世紀だから女の幸せは結婚、といって間違いなかろうが、現代の仕事に生きる女からは、弟といえど余計なお世話?(笑)
トクサの技、積尸気如意霊臨!
霊魂を光の柱のように撃つ技らしい
聖闘士の技として…修業はしていても、黄金聖闘士は既に決まってるし、良いとこ白銀聖闘士?で今回は活躍の場の無い青銅聖闘士にしかなれんか
と、すれば一時的にでも黄金聖闘士を押していたのは冥闘士としての力か?
ユズリハを庇ってまともに技を喰らったシオン
何かを守るために戦うユズリハは弟を討つ決意をし、対峙する、が…
シオンはトクサを討てば冥闘士と同じになる、そこ迄の業を背負う必要は無い、と割って入った
業(カルマ)は人が生きている以上背負ってしまうもののような気もするが…
スターダストレボリューションで瞬殺
自らの使命を兄弟子として歪んだ弟弟子のトクサからユズリハの道を守り、引導を渡すこと、と悟ったようだ
弟の末期を目の当たりにし、戦士として生きていく事に
腕の入れ墨は家紋だったのか…
鶴星座のユズリハとして
…白銀聖闘士の女性は師匠になるとかライバルの師匠とか影の存在だしなぁ
見せ場になる可能性のあったベヒーモス戦は力の差が有り過ぎたし…
もうユズリハの見せ場は無いか…
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/545-4291eca0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。