--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

菅原文太が山梨で農業を

クローズアップ現代


農業をやろうという菅原文太が県の案内担当者に休耕地を紹介してもらった時に周りの荒廃とした耕作地を見て愕然としたという
日本の食料自給率は五割を割って久しく、去年はその報道からか、不況による外食の減少からか、ほんの僅か回復したというが…
減反製作による米生産の縮小、米以外の穀物に対しての補助が無い農業政策、また生活の基盤が都市に移ったり後継者が居ない等で休耕地から耕作放棄地になり、荒れ果てているそうな
日本は元々耕作地は少ないのに、こうした耕作放棄地の増加は食料自給率という国家の安全保証の面からも農業を営んで行くべきモノだと思う
が、農地でそのまま農業をするより、郊外での商業や工業用地にした方が地主としての収益も上がるとのことでなかなか農業を新たにやりたい人に貸す物件が無かったり、或いは土地を如何活用するのに地主が興味を持っていなかったり、海外や遠隔地に住んでいて意志確認が困難だったりと問題は様々なようだ
こうした現状に、他から来た農業を志す人が新たに農業を始め易いようにと、農地法が改正され、不在地主の耕作放棄地や意志確認の困難な地主の土地を自治体が判断して貸し出すことが可能になった
豊田市では、新しい農業を志す人の為に紹介する財団法人の例と、自治体が早くから耕作放棄地を、土地は自分のものだが土はみなで生かして使う、と言う方針で村で管理し、割り当てる、といった例を紹介
大きな自治体では難しいかとは思うが、地主との交渉とか希望農地の規模などをまとめてくれるのは、新人農家にとっては大いに助けになると思う

戦後のアメリカの自国の小麦農家の輸出先として、小学校の給食のパン食など普及に努めていたことは有名だが、昨今のハイチだったか、ドミニカだったかのアメリカの米農家の為の自由化で中米のこの国は自国の米生産がダメになり、あのトウモロコシの高騰から食料危機に陥った事態は避けたいと思うので
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/584-a8e25d38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。