--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20

ピクシー、名古屋に初の栄冠を齎す

J1:名古屋が初優勝 湘南に1-0 初優勝を果たし、Jリーグ杯を掲げて喜ぶ名古屋・楢崎(中央)、ストイコビッチ監督(中央右)ら選手たち。中央左はトヨタ自動車の豊田章男社長=平塚競技場で2010年11月20日、長谷川直亮撮影  サッカーのJリーグ1部(J1)は20日、第31節の9試合が各地で行われ、名古屋グランパスが3試合を残して初優勝を決めた。前後期制から1シーズン制に変わった05年以来、最終節の前に優勝が決まったのは初めて。名古屋は93年のJリーグ発足時に参加していた10クラブの一つで、リーグ18年目年目の悲願達成となった。鹿島アントラーズの、史上初の4連覇の夢は断たれた。  往年の国際的なスター選手でセルビア出身のストイコビッチ監督(45)が率いる名古屋は平塚競技場で、すでに来季の2部(J2)降格が決まっている湘南ベルマーレを1-0で降し、通算21勝3分け7敗で勝ち点を66に伸ばした。2位の鹿島がヴィッセル神戸と0-0で引き分け、3試合を残して名古屋との勝ち点差は「10」に広がったため、名古屋の優勝が決まった。  名古屋は後半21分、FW玉田圭司(30)が決めたゴールが決勝点になった。【安間徹】




遂にピクシーことストイコビッチ監督が栄冠を手にしました
我が鹿島アントラーズのリーグ4連覇はならず…(;∇;)/~~
ちょっと残念だが、名古屋は失速せずに勝ちを重ねていったので致し方ない
春に得点を生み出していたダビをオイルマネーに引き抜かれたが、オーストラリア代表のケネディを引っ張って来たり強化に余念が無かったなぁ
生え抜きの選手がいても強化していたし
ウチは…内田や増田とか出したしなぁ

楢崎、玉田と代表の馴染みの選手達が歓喜に震えていたのを見れたのは良かった
苦しい時もあったが、失速しなかったのは流石
ストイコビッチ監督、おめでとう
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/604-5c2321dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。