--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

はじめの一歩、のようなストイックな戦略のチャンピオン

アスリートの魂 井岡一翔

私はボクシングのストイックなところが好きですな、何というか時代小説の剣客モノみたいで
相手の挑戦者は、常に動き回り軽快なフットワークで相手の距離にさせないスタンスのボクサー、エルナンデス
パンチもあり、KO率は70%の難敵
井岡の方はというと、世界レベルではハードパンチャーでもなく、スピードがあるわけでもなく、打たれ強いわけでもない…
そこで、戦略が重要になってきます
その戦略を名トレーナーと二人三脚で、戦略を立て、それを実行するためにプラクティスを積み重ねるというはじめの一歩でおなじみの光景だったが、現実で見せられると、グッときますね
最初に立てた戦略は、仮想敵のスパーリングに通用せず、戦略の変更を余儀なくされた
そして、考えあぐねた上にコーナーに追い詰めていく戦略は変わらないが、フェイントのパンチを伸ばして逃げる方向を塞ぎ、そこにコンビネーションブロー・カウンターを入れていくという戦略
しかし、スポーツは戦略が出来ても実践出来るか、という問題がある
その為に考えて動くのではなく、反射的に動けるよう身につけなければならない
そこに至るまでのトレーニングはボクシングは似合う光景です

そして始まった初防衛戦、挑戦者もさるもの、アウトボクサーを捕まえる作戦で来た井岡だったが、エルナンデスは前に出て来た!
序盤から積極的に前に出て打ち込んでくるエルナンデスに戸惑い、ペースを乱される井岡
しかし、考えようによっては捕まえる努力をして捕まえて打ち合える挑戦者に、打ち合える距離に来てくれたと近寄って反撃を開始する井岡
ここで強者である挑戦者は更なる秘策を打っていた!
近寄って打って来ると予想していて、カウンターで強烈なアッパーをお見舞いしてきたのだ
この辺りは挑戦者側も良く考えて来ているなぁ、と
しかし、打ち合いは望むところ、一打の効果よりも手数で押していき優勢に。
たまらず足を使いだしたが、練習通りにフェイントのパンチで退路を塞ぎ、コンビネーションがカウンター気味に炸裂!!
ダウンを奪い、流れを手にした

スポーツと言えど勝つ為に戦略を立て、実践していく様は凄い入ってきて、クレバーでいいボクサーなのだなぁ、と見直しました


関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/657-01279a92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。