--

スポンサーサイト

スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22

長いので此処まで

土曜の朝の時点で書いた
先ずはTえもん氏の拍手コメントへのレス

>冥王神話。別作家が描いた作品はやたらめったら弱い神がいるのが特徴です。ずいぶん矮小化されたものだと…あるいは単なる自称か?ま、これでデータ化する際の戦闘力は決まった。白銀聖闘士レベル(笑)

白銀聖闘士程度とは…昔の原版だと蜥蜴座のミスティとかでもキツかった気が…
ペルセウス座のアルゴルとかメデューサの盾使えなかったり(笑)
あの4神は“神殺し”の異名の高い黒龍座の“伏龍”の敵ではないな…

>ロックオンさん。生きててもらっても困るような…きっとパイロットのいなくなったデュナメスは彼の恋人(違)が受け継いで(確か奴の親はガンダムマイスターだと…)、サーシェスくんに向かって行って…返り撃ち(だめじゃん)。ほっとかれてるネーナはネーナで死亡フラグがすごい勢いで点滅してるっぽいし。例えば、故郷(どこ?)あたりに帰ったら、「やは。」と最近出番のなかったグラハムくんが待ってて、ズタボロの機体で立ち向かって…やられるとか。AEUの拠点に特攻という線も捨てがたい。それだとグラハム出番ないが…出番がないといえばどこぞの姫さんも出番がないので、(八つ当たり的に)アザディスタンを攻撃?それだとグラハム出番ありそう。

彼女というのがオペレーターの娘なら違うような、ってアンタも書いとるか
女性向けの為か、恋愛色のあるのは主役の刹那とピエロな甲羅沢のみで
ネーナも確かに何故殺されなかった?という意見がサイトでも多いが
ダメ運命と違い、強化人間で駒でしかなかったステラとは違うようで
強化人間で駒という意味なら同じである筈だが(笑)
まあ、死亡するんだろうねぇ…
Zワ氏情報による、ラッセ(砲手だそうだが)がデュナメスパイロットに?というが顔が…キミ、全ては顔で決まるのだよ(ヒドラの市談 は身内じゃ有名過ぎるセリフ)、だしなぁ(笑)
逆にネーナが救われて、視聴者に反感をというシニックな楽しみを密かに持っているが(ブログに書いた時点で“密かに”、ではないか…)
特攻は…彼女の動機が見あたらない
強いて言うならサーシェスヘの復讐だろうけど、補給受けんと如何ともし難いよね
グラハムは最後のトリの登場か?
銀英伝の、ビッテンフェルトの様に最終局面で登場、と
ミッターマイヤーの軽口の、「奴め、最も上手い歌手は最後に登場するものだとでも言ってるのだろう」、的に
それとも、半年後の第二部に…(笑)
王女と沙慈、今のところ何の為に出てたんだか、になりかねない


>カイジ bet.23 条件

会長の手を掴みシツコク食い下がって勝負を引き出そうとするカイジ
トイレで計画したように不自然ではないようにティッシュボックスに仕込んだ当たりくじギャンブルに誘い込んでいく…
結局は受ける会長だが、三つの条件をつける
二つ目の先に引かせろ、は三つ目の掛け金一億と指を賭けろ、で真意は眩ませられる訳だが
交渉のトリックとしては常套だよね
真の目的をよりインパクトのある条件で目立たなくする、は
マルチプレイヤーズゲームでもよく使われ…
兎に角、夢のペリカ生活へまた一歩(笑)


>蒼天の拳
天授の儀の死合いを前に、二人で花見と誘う拳志郎
そういえば中国では花、は桜じゃないんだっけ
文麗と庵主の語らいは何か…漢の世界には立ち入れない、と言っていたが
前置き長いよー
週刊ならこのテンポでもいいんだけど…


>トキ外伝
幼き頃の約束を果たそうと拳王と名乗るようになった兄ラオウに向かうトキ
しかし、下馬もしてくれないよ!(^Д⊂)
柔の拳を使い拳の勢いにのり上空から攻めるトキ
北斗史上もっとも華麗な技を持つ(原作より)トキの空中戦!と思ったが…
病により衰弱し、怒りによりその体の限界を見誤って倒れたよ…
…まあ、原作の流れから双方重傷を負うような戦いは無かろう、と思ってはいたが
これではアミバ様は怒りの矛先を何処へ向ければいいのか…
ジャギ様の動向は?
個人的には、ジャギ外伝もやってくだされ!(笑)
ジャギ様は真の北斗4兄弟の3男です(~は~の登録商標です、的表記)


関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://elzast.blog51.fc2.com/tb.php/77-9e4c2c33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。